給与計算をやりたくない人に知っておいてほしい4つの考え方 | jinjerBlog

給与計算をやりたくない人に知っておいてほしい4つの考え方

人事や経理の仕事のなかでも正確性が求められるのが、「給与計算」です。スタッフの労働に対する給与を計算するため、計算をする際にミスや遅れがあっては大変です。

さらに、給与計算は大量の数字を扱う仕事なので、細かい作業が苦手な方は仕事を苦痛に感じることがあるかもしれません。

今回は、給与計算をやりたくないと思ってしまう心理と気持の切り替え方について解説していきます。給与計算の仕事が辛くなってしまったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 給与計算をやりたくないと思う心理

どうして給与計算をしている人は、仕事をやりたくないと思ってしまうのでしょうか。まずは、その心理についてみていきましょう。

1-1. 専門知識が必要でミスが許されないプレッシャー

給与計算の業務を行う際は、労働基準法や所得税法などの多くの法律を知っておく必要があります。

また、就業規則を頭に入れておく必要があるため、ほかの業務と比べても非常に専門知識が必要とされる業務です。

給与の支払いは税金なども関わってくる上に従業員の信頼を左右するため、決してミスが許されません。専門性が高くミスが許されないプレッシャーこそが、給与計算をやりたくないと思わせてしまう大きな理由なのです。

1-2. 毎月のルーティンワークで飽きてしまう

仕事の多くはルーティーンワークですが、とくに給与計算は同じことの繰り返しなので、飽きやすい業務になっています。

同じ事務であっても、総務や営業事務としての業務は社員やお客さんを相手にするため、給与計算に比べるとまだ飽きにくい傾向にあります。

一方で給与計算は数字の計算処理がメインになるため、同じ業務の繰り返しになりやすく飽きてしまいやすいのです。

1-3. コツコツ作業が苦手

そもそも、数字を扱う細かい作業やコツコツ作業の多い事務仕事が嫌いな方は、給与計算の仕事に向いていない可能性が高いです。自分の適性に合っていない仕事をすれば、当然ストレスが大きくなっていくでしょう。

もしもどんな方法を試しても気持ちの切り替えができないときは、給与計算以外の仕事をさせてもらえないか上司に相談してみるのもひとつの手です。

2. 給料計算をやりたくないと思うときの気持の切り替え方

それでは、給与計算の仕事をやりたくないと思ったとき、どのようにして気持ちを切り替えたらいいのでしょうか。気持ちを切り替えてモチベーションをアップする方法を、4つご紹介していきます。

2-1. 自分の仕事が従業員を支えていると考えてみる

数字とにらめっこをしているとついつい忘れてしまいがちですが、給与計算の仕事をしている方が相手にしているのは、ただの電卓やパソコンではありません。

電卓パソコンの向こう側には、給与を受け取る従業員やその家族がいることを忘れないようにしましょう。従業員やその家族の生活を支えるために、給与計算の仕事は欠かせない重要な業務です。

あなたにとっては慣れた毎月のルーティンワークでも、従業員にとって給料日は毎月の頑張りが賃金となって現れる楽しみな日です。

あなたの給与計算が従業員のモチベーションや生活の支えになっていることを考えると、少しはやる気になるかもしれません。

2-2. 任せてもらえている意味を考える

先ほどもご紹介したように、給与計算は専門性が高くミスが許されない仕事です。そんな仕事を任せてもらえている意味を考えると、気持ちを切り替えられるかもしれません。

万が一ミスをして気持ちが落ち込むことがあっても、継続して業務を任せてもらえているということは、上司があなたを信頼しているということを理解しておきましょう。

社員や会社のお金を動かす業務は、誰にでもできることではありません。上司から評価されて信用されていることを自覚し、前向きに給与計算に取り組んでみてはいかがでしょうか。

2-3. 目標や自分へのご褒美を設定する

もしも給与計算の仕事に対するやる気がどうしても出ない場合は、毎日小さな目標を設定することがおすすめです。達成したときのご褒美も決めておき、ご褒美のために仕事を頑張っていきましょう。

小さな目標をたくさん達成すると達成感によってモチベーションが上がりますし、ご褒美があると苦手な仕事をこなす活力になります。

2-4. 気分転換をする

やる気が出なくて集中ができないときは、一旦別のことをして気分転換をすることも有効です。気分転換の方法としては、たとえば以下のようなことが挙げられます。

  • ストレッチや軽い運動
  • 15分程度の仮眠
  • デスク周りの整理整頓

簡単な方法ばかりですが、気持ちのリセットとしては有効な方法です。毎日の業務で行き詰まったときは、ぜひ試してみてくださいね。

3. 給与計算をしたくないときはアウトソーシングがおすすめ

専門性が高くミスが許されない給与計算は、ルーティンワークになりやすく神経を使うため、やりたくないと感じてしまう方も多いです。やりたくないと感じてしまったときは、ぜひご紹介した気持ちを切り替える方法を試してみてくださいね。

給与計算業務の工数を減らしたいのであれば、アウトソーシングで給与計算を自動化する方法がおすすめです。

人件費コストを削減しつつ正確な計算が可能で、従業員をコア業務に集中させることが可能となります。メリットが豊富な給与計算のアウトソーシングを、ぜひご活用ください。