ホテル業界での勤怠管理の課題とは?勤怠管理システムの導入で解決! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

ホテル業界での勤怠管理の課題とは?勤怠管理システムの導入で解決! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

ホテル業界での勤怠管理の課題とは?勤怠管理システムの導入で解決! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

ホテル業界での勤怠管理の課題とは?勤怠管理システムの導入で解決!

業種・業態によって勤務体系は異なり、業界によっては一般企業に比べて複雑なものもあります。そのひとつといわれているのがホテル業界・旅館業界です。ホテルや旅館の多くは24時間体制なので、シフト管理や人員配置などが難しく、担当者の方は苦労されているのではないでしょうか。

今回は、複雑といわれている勤怠管理にはどのような課題があるのか、またホテル業界向けの勤怠管理システムの特徴やシステムを導入する際の注意点などを解説します。

関連記事:勤怠管理システムとは?はじめての導入にはクラウド型がおすすめ

1. ホテル業界における勤怠管理の課題とは

ホテル業界では、勤怠管理にどのような課題があるのか確認していきましょう。

1-1. 職務ごとに勤務形態が異なる

一棟のホテルを例にとってみても、さまざまな職務の従業員がいます。フロント・清掃・キッチン・本社などで管理する従業員など、大きいホテルになればなるほど、さまざまな役割を担う従業員がいます。一人ひとりの勤務する時間帯が異なったり、朝と夕方など1日に複数回の出勤になったりするなど、勤務形態は多種多様であるため、管理にはかなりの労力がかかります。

1-2. 24時間体制のため日をまたぐシフトがある

チェックイン、チェックアウトなどのシステムからわかるように、ホテルはお客様に合わせて24時間稼働しなければならないため、フロントスタッフなどは24時間体制でシフトを組んでいるのが一般的です。24時間体制となると、シフト勤務により日をまたぐ従業員もいます。日をまたぐ場合、いつ・何時間働いたかなどの管理が複雑になるという課題がでてきます。

1-3. 頻繁に発生する時給変更やシフト変更

ホテルの従業員は、正社員・派遣社員・パート・アルバイトなどさまざまな雇用形態の人がいます。契約内容は雇用形態によって異なるため、時給などの変更も発生してきます。

「フロントスタッフだから」「清掃スタッフだから」など、役割によって契約が異なるため、時給の変更などにもミスが発生しやすいのも課題の1つです。また、従業員の急な休みで、シフト変更の必要性が生じることもあります。

1-4. 月の途中での異動や繁忙期の応援勤務管理

複数のホテルを経営している企業の場合は、月の途中での異動や新規オープン・繁忙期による応援勤務などが発生することもあります。「昨日と今日の勤務するホテルが異なる」「午前と午後の勤務するホテルが異なる」というシフトもあるため、1か月の労働時間を集計するだけでもひと苦労です。

2. ホテル業界向け勤怠管理システムの特徴

始業時間や就業時間が決まっている企業と違い、ホテルというのはシフトや労働時間の管理が非常に大変です。この問題を解決してくれるのが、ホテル業界向けの勤怠管理システムです。ここでは、ホテル業界向けの勤怠管理システムにどのような特徴があるのか紹介します。

2-1. 複雑なシフト体系に対応

前述したように、ホテル業界は従業員ごとに勤務体系やシフトが異なります。勤怠管理システムは、複雑な勤務体系やシフト体系に対応できるという特徴があります。システムを導入すれば一括で管理が可能になり、シフトのパターンなども複数登録できるものもあるので、勤務表の作成も効率化されます。

2-2. 簡単操作で急な時給変更やシフト変更も柔軟に対応

1ヵ月分のシフトを作成したとしても、病気や私用などで急なシフト変更が生じることがあります。24時間体制が必要なホテルの場合、1人のシフトを変更するだけでも、ほかのシフトに影響が及ぶことも少なくありません。
勤怠管理システムには、急なシフト変更に対して、簡単な操作でシフトを組み直せることができる特徴があります。また、アルバイトなどの時給変更なども、システムに入力するだけで管理できるので、給与計算のミスもなくなります。

2-3. 労働時間を正確に把握できる

勤怠管理システムは、従業員の勤務状況のデータが一括で管理され、リアルタイムの状況確認ができるのも特徴です。勤怠管理すべきホテルが複数ある場合、スタッフの人数が多い場合などでも、システムで全員の勤務状況がひと目で把握できます。労働時間もチェックしやすいので、長時間労働があった場合でも事前に対策を打つことが可能です。

関連記事:勤怠管理システムを導入する目的とは?メリット・デメリットも確認

2-4.労働基準法の改正にも対応

定期的にアップデートすることで、労働基準法などの法改正にも対応できます。現在の労働基準法では、「1日8時間を超えて働かせてはいけない(*)」、「有給休暇の取得日数を満たすこと」などが定められています。しかし、このような規定も改正されることがあるため、改正後は法を遵守した管理をしなければなりません。

手動で管理していると、法改正への対応が遅れてしまい、ミスが発生するリスクがあります。勤怠管理システムは自動的に改正に対応するので、法令違反を犯すことなく適切な管理ができます。

*労使協定を締結し、割増賃金を支払えば残業が認められます。

3. 勤怠管理システムを導入する際の注意点

ホテル業界向けの勤怠管理システムは、製品によって価格も機能も異なります。そのため、システムを導入する際は安易な決定は厳禁です。いくつかのシステムを確認して、運用担当者が使いこなせるか、自社の勤務体系に必要な機能が搭載されているかなどを比較することが大切です。

ここでは、勤怠管理システムを業務にしっかり活かすための注意点を紹介します。

3-1. 管理者には研修を受けてもらうこと

勤怠管理システムは、管理者の業務負担を減らしてくれるシステムですが、ただ導入するだけで運用できるというものではありません。スムーズに運用するためには、さまざまな操作が必要になります。そのため、管理者には必ず研修を受けてもらうことが大切です。

また、現在の業務の流れがシステムを導入することでどのように変わるのか、あらかじめシュミレーションすることも重要です。イメージが十分でないままにシステムを稼働させてしまうと、結果的に業務が回らないという状況を招くリスクもあるので、運用開始までにどのような準備が必要で、どれくらい時間がかかるのかも確認しておきましょう。

3-2. 必要なシステムや機能を絞る

勤怠管理システムは、製品によってたくさんの機能が搭載されているものがあります。多機能であれば業務の効率化がしやすくなるイメージがあるかもしれません。しかし、操作性が複雑だったり、難しすぎたりすると担当者の負担になってしまいます。また、他のシステムと連動できるものであっても、自社の管理に不要であれば、逆に管理の手間がかかります。

業務効率をあげるためのシステムであっても、作業に時間を取られてしまっては意味がないので、自社の課題やニーズに合ったシステムや機能を絞っておきましょう。

3-3. 従業員への周知を徹底する

勤怠管理システムの導入は、従業員への周知を徹底することが重要です。新システムになると、打刻方法や申請方法などが変わることもあるので、従業員が周知していないとスムーズな運用ができません。

ホテル業務の場合、従業員のシフトがばらばらなので周知が難しいかもしれませんが、シフトごとにセミナーをおこなえば周知を徹底できます。また、セミナーに参加した従業員にはチェックを入れておくなど、漏れを防ぐ対策をおこなうようにしましょう。

4. ホテル業務の勤怠管理はシステムで効率化しよう

ホテル業界・旅館業界における、勤怠管理の課題からホテル業界向けの勤怠管理システムの特徴、導入する際の注意点までを解説しましたがいかがでしたでしょうか。

課題を確認すると、手動で管理することの難しさがよくわかります。複数ホテルがある会社の場合は、従業員の異動や応援もあるため、さらに管理が複雑になって手間がかかってしまいます。

これらの手間をなくすには、勤怠管理システムの導入を検討してみるのが一番です。導入の際には、注意点で解説した内容について十分に勘案していただき、勤怠管理を効率化させて業務負担を減らしていきましょう。

関連記事:大企業が導入すべき勤怠管理システムを選ぶ際のポイント4つ

関連記事:中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは

「勤怠管理にかかる工数を減らせたらな…」とお考えの方へ

タイムカードや出勤簿などで勤怠管理をしてる場合、以下のような課題はないでしょうか。

・打刻漏れの確認や労働時間の集計だけで数日かかってしまう

・有給休暇の残日数確認の問い合わせ対応が業務を圧迫している

・シフトの収集や作成に時間がかかって他の業務ができない

そのようなお悩みをお持ちの方におすすめなのが、勤怠管理システムの導入です。システムであれば打刻漏れを減らせるほか、労働時間は自動集計されるため、ミスと工数を減らすことが可能です。

このほかにも便利な機能で勤怠管理の工数削減ができるため、勤怠管理システムで何ができるか気になる方は、以下のボタンからクラウド型勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」の紹介ページをご覧ください。

OHSUGI

OHSUGI

クラウド型勤怠管理システムジンジャーの営業、人事向けに採用ノウハウを発信するWebメディアの運営を経て、jinjerBlog編集部に参加。営業時代にお客様から伺った勤怠管理のお悩みや身につけた労務知識をもとに、勤怠・人事管理や給与計算業務に役立つ情報を発信しています。

勤怠・給与計算のピックアップ

新着記事