従業員増加・事業拡大時にも対応可!中小企業向け勤怠管理システムとは

中小企業では、事業拡大や従業員増加の際、勤怠管理に悩むことも多いのではないでしょうか。「従業員が増加して、タイムカードや出勤簿では勤怠管理をおこなえなくなった」「人事の負担がどんどん大きくなる」などといった勤怠管理の悩みを抱える企業もあるでしょう。

今回は、このような悩みを解決する記事を紹介します。中小企業が導入すべき勤怠管理システムや選ぶ際のポイントを理解し、おすすめの勤怠管理システムを導入すれば、今後の勤怠管理を効率的におこなえるでしょう。

これだけ抑えておけば大丈夫!「勤怠管理システム導入完全ガイド」

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、今回「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご用意いたしました。

ガイドブックには、以下のようなことがまとめられています。

・勤怠管理システムが普及している3つの理由
・勤怠管理システムの4つのメリット
・勤怠管理システムの導入までに必要な8つのステップ

勤怠管理システムの導入を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。

 

1. 大企業・中小企業の勤怠管理方法を比較

大企業の場合、事業規模の大きさや従業員の多さから、タイムカードや出勤簿で勤怠管理をおこなうのは困難であるため、勤怠管理システムを導入している企業が多いものです。では、中小企業はどうなのでしょうか。

1-1. 中小企業は勤怠管理システムの導入が少ない

中小企業は大企業と違って従業員の数が少ないため、導入コストのかかる勤怠管理システムを導入するよりも、タイムカードなどのシステム運用コストがかからない勤怠管理を続けている企業が多いものです。

しかし、事業拡大を考えたときやそれに伴って従業員を増員するといった際には、人件費抑制や人事担当者の負担を軽減するためにもシステムの導入を検討されることをおすすめします。

2. 中小企業によくある勤怠管理のお悩み

勤怠管理には悩みがつきものです。では、中小企業によくある勤怠管理のお悩みを紹介していきます。

2-1. 従業員増加・事業拡大の際に困る

中小企業において従業員の勤怠管理をタイムカードや出勤簿でおこなっている場合、事業拡大やそれに伴う従業員の増員といった際に、規模によっては従業員の勤務状況を管理するのが困難になります。

また、人事担当者の負担軽減のために新たな人材を雇用するなど、人件費がかさんでしまうことにもなりかねません。これから事業の拡大や従業員の増員を考えている中小企業においては、勤怠管理システム導入にかかるコストと人件費を秤にかけてみることも必要でしょう。

2-2. 勤怠管理をおこなえる人材が不足

中小企業において手書きやタイムカードで勤怠管理をおこなっている場合、その事務をおこなえる人材は限られますよね。大企業の場合には人事担当者もそれなりの数がいるでしょう。しかし、中小企業では担当者が1人しかいないという企業も多いのが現実です。

1人しかいない担当者が何らかの理由で会社を休んだり、急な病気にかかってしまったり、はたまた退職するといった場合には、人事業務が滞るといった不具合が生じることになります。

3. 中小企業の勤怠管理システムの選び方

中小企業が勤怠管理システムを選ぶ際、考慮すべきポイントが少なからずあります。以下でそのポイントを説明していきます。

3-1. 従業員増加・事業拡大にも柔軟に対応

中小企業は伸びしろが多く、事業の方向性によっては大企業へと発展する可能性を大いに秘めています。事業規模の拡大やそれに伴う従業員の増員にも柔軟に対応可能な勤怠管理システムを選定しなければなりません。

3-2. 導入前にお試し期間の設定があるか

中小企業が勤務管理システム導入で躊躇する点があるとすれば、それはコスト面でしょう。導入前にお試し期間設定があるシステムを選択すれば、事前のお試しで導入の価値があるか否かを判断することができます。

3-3. 誰でも簡単に使用できるシステムか

人事担当者の人材不足が懸念される中小企業では、その担当者が突然不在になったり欠員になったりした場合に、代行者を簡単に用意できるわけがありません。

そのため、誰でも簡単に操作できる勤怠管理システムを導入すれば、そういった不測の事態においてもすぐに代行者を充てることができます。

3-4. 勤務形態に合わせてカスタマイズできるか

中小企業の中には、これから事業拡大や従業員の増加を考えているところもあるでしょう。そのため、今までは正社員だけ雇っていたがパートや派遣の従業員が増える可能性もあります。

また、従業員が増えたことで社内の働き方を見直したり、フレックスタイム制度など新たな制度が導入される場合もあります。そして、これらは勤怠管理にも大きく関わる問題になってきます。

これまでのタイムカードや出勤簿による勤怠管理であった場合、変化した勤務形態に合わせて、その都度人事が自ら勤怠管理の方法を修正する必要があります。

しかし、勤務形態に合わせてカスタマイズできる勤怠管理システムを導入するすれば、人事が自ら勤怠管理の方法を修正する必要がなくなります。そのため、カスタマイズができるものを選択しておけば、今後どのように勤務形態が変わったとしても問題ないのです。

4. まとめ

これから事業拡大を狙おうとする中小企業の中には、これまでのタイムカードや出勤簿による勤怠管理に限界を感じている企業も多いことでしょう。

しかし勤怠管理システムなら、そんな悩みを一気に解決してくれます。勤怠管理システムを使用し、効率的な勤怠管理をおこないましょう。

勤怠管理システムの導入で工数削減を実現

近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。

人事業務は、タイムカードや出勤簿で労働時間を管理している場合、集計時にExcelに入力するといった工数がかかります。タイムカードでの労働時間管理にお悩みの方がいらっしゃいましたら、勤怠管理システムの導入を検討しましょう。

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤をWeb上で管理できるシステムのことです。

勤怠管理システムの導入を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「効率化できるのはわかったけど、実際にどのような機能があって、どのような操作画面なのかを知りたい」という人事担当者様のために、jinjerを題材に勤怠管理システムでできることや操作画面を35ページでまとめました。

働き方改革を成功させるため、ぜひ「1分でわかるjinjer勤怠」をご参考にください。