中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは

集計作業など何かと手間のかかる勤怠管理は、マンパワーが限られている中小企業にとっては負担の大きい業務の一つです。「従業員が増加して、タイムカードや出勤簿では勤怠管理をおこなえなくなった」「人事担当の業務が圧迫している」といった勤怠管理の悩みを抱える企業もあるでしょう。

今回は、中小企業のシステム導入前の課題、導入後の効果をご紹介し、導入すべき勤怠管理システムや選ぶ際のポイントを公開します。

関連記事:勤怠管理システムとは?はじめての導入にはクラウド型がおすすめ

勤怠管理システムの導入はこれだけ抑えておけば大丈夫!
「勤怠管理システム導入完全ガイド」

勤怠管理システム導入完全ガイド

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの勤怠管理の担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、当サイトでは勤怠管理システムのメリットや導入までの手順をまとめたガイドブックを無料で配布しております。

これ一冊でシステム検討から導入までに必要な情報がまとまっておりますので、社内で検討する際に役立てたい、上司に説明する際の資料が欲しいという方はぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

1. 勤怠管理システムとは

勤怠管理システムを操作している

「そもそも勤怠管理ってどんなシステム?」という方のために、ここでは勤怠管理システムの概要ついて簡単に説明します。

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤時間の打刻、残業や有給取得の申請や管理、シフトの作成など勤怠に関わる業務を支援するシステムのことです。全従業員の勤怠をシステム上で一元管理できるため、残業時間の集計などさまざまな業務を大幅に省くことができます。

近年では、初期投資を抑えられる「クラウド型」が主流となりつつあることから、中小企業においても、クラウド型の勤怠管理システムを導入する企業が増えてきています。

関連記事:勤怠管理システムを導入する5つのメリットは?デメリットも解説!

2. 中小企業によくある勤怠管理のお悩み

勤怠管理には悩みがつきものです。では、中小企業によくある勤怠管理のお悩みを紹介していきます。

2-1. 従業員増加・事業拡大の際に困る

中小企業において従業員の勤怠管理をタイムカードや出勤簿でおこなっている場合、事業拡大やそれに伴う従業員の増員といった際に、規模によっては従業員の勤務状況を管理するのが困難になります。

また、人事担当者の負担軽減のために新たな人材を雇用するなど、人件費がかさんでしまうことにもなりかねません。これから事業の拡大や従業員の増員を考えている中小企業においては、勤怠管理システム導入にかかるコストと人件費を秤にかけてみることも必要でしょう。

2-2. 勤怠管理をおこなえる人材が不足

中小企業において手書きやタイムカードで勤怠管理をおこなっている場合、その事務をおこなえる人材は限られます。大企業の場合には人事担当者もそれなりの数がいるでしょう。しかし、中小企業では担当者が1人しかいないという企業も多いのが現実です。

1人しかいない担当者が何らかの理由で会社を休んだり、急な病気にかかってしまったり、はたまた退職するといった場合には、人事業務が滞るといった不具合が生じることになります。

3. 勤怠管理システム導入で期待できる効果

やじるしを書いている

勤怠システムを導入することにより、具体的にどのような効果が得られるのかも気になるところです。導入を検討する前に、期待できる効果やメリットについても抑えておきましょう。

3-1. 業務効率が向上する

勤怠システム導入により、目に見えて効果を実感できるのが業務の効率化でしょう。システム上で全従業員の勤怠情報が一元化されるため、毎月のタイムカードや出勤簿の回収作業が不要となります。労働時間の計算も自動でおこなえるので、集計作業も要りません。回収や集計など煩わしい作業がなくなることで、より重要な業務に時間を回すことができます。

3-2. コストの削減につながる

タイムカードや出勤簿で勤怠管理をおこなう場合は、タイムカードや用紙などのコストにくわえ、月末に本社へ送付するための郵送代も必要です。勤怠管理システムを導入すれば、システム上で一元管理できるため、これらの費用を削減することができます。

また、上述でも説明のとおり業務効率も上がるため、残業を伴って勤怠管理をおこなっていた場合は、人件費削減の効果も期待できるでしょう。

3-3. 法改正にもスムーズに対応できる

クラウド型の勤怠管理システムであれば、法改正に合わせてシステムが自動でアップデートされるため、従業員がその都度システムを変更するなどの対応も要りません。特に、限られたマンパワーで勤怠管理しなくてはいけない中小企業にとっては、重宝する機能の一つだといえるでしょう。

労働基準法に違反した際は罰則が設けられていますが、法改正に対応した勤怠管理システムであれば、こういったリスクにもスムーズに対応ができるようになります。

3-4. 人材配置の適正化が図れる

勤怠管理システムの中には、従業員の勤怠状況をリアルタイムで把握し、数値化やグラフ化する分析機能を搭載しているものもあります。

そういった機能を活用すれば、どの部署または時期に業務の逼迫がおきているかなど一目で把握できるようになるため、人材の適正配置など人事戦略に活かすことも可能です。

4. 中小企業の勤怠管理システムの選び方

中小企業が勤怠管理システムを選ぶ際、考慮すべきポイントが少なからずあります。以下でそのポイントを説明していきます。

4-1. 従業員増加・事業拡大にも柔軟に対応

中小企業は伸びしろが多く、事業の方向性によっては大企業へと発展する可能性を大いに秘めています。事業規模の拡大やそれに伴う従業員の増員にも柔軟に対応可能な勤怠管理システムを選定しなければなりません。

4-2. 導入前にお試し期間の設定があるか

中小企業が勤務管理システム導入で躊躇する点があるとすれば、それはコスト面でしょう。導入前にお試し期間設定があるシステムを選択すれば、事前のお試しで導入の価値があるか否かを判断することができます。

4-3. 誰でも簡単に使用できるシステムか

人事担当者の人材不足が懸念される中小企業では、その担当者が突然不在になったり欠員になったりした場合に、代行者を探すのは容易ではないでしょう。

そのため、誰でも簡単に操作できる勤怠管理システムを導入すれば、そういった不測の事態においてもすぐに代行者を充てることができます。

4-4. 勤務形態に合わせてカスタマイズできるか

中小企業の中には、これから事業拡大や従業員の増加を考えているところもあるでしょう。そのため、正社員だけの雇用に留まらず、パートや派遣社員の雇用も視野に入れておかなくてはいけません。

また、従業員が増えたことで社内の働き方を見直したり、フレックスタイム制度など新たな制度が導入される可能性もあります。

これまでのタイムカードや出勤簿による勤怠管理であった場合、変化した勤務形態に合わせて、その都度人事が自ら勤怠管理の方法を修正しなくていけませんでした。

しかし、勤務形態に合わせてカスタマイズできる勤怠管理システムを導入するすれば、人事が自ら勤怠管理の方法を修正する必要がなくなります。そのため、カスタマイズができるものを選択しておけば、今後どのように勤務形態が変わったとしても問題ないのです。

ここまで勤怠管理システムの選び方を紹介してきましたが、勤怠管理システムの導入を検討する際は、システムの比較検討~システム導入~運用開始までの流れを確認しておくことで、システム導入に必要な準備や運用開始までの期間を把握することが可能です。

当サイトでは、勤怠管理システムを導入して運用開始するまでにどのようなことが必要になるかをまとめた「勤怠管理システム導入完全ガイド」を無料で配布しているため、こちらより資料ダウンロードページをご覧ください。

4-5. サポート体制が充実しているか

サポート体制に関しても、勤怠管理システム選びでは外せない要素の一つです。システムの使い方など不明点を尋ねたいときや、システムトラブルが発生した際など、どのように対応してもらえるのか、サポート内容についても導入前にしっかり確認しておきましょう。

システム会社によっては、サポート範囲が無料と有料で分かれているケースもあります。どの範囲まで無料でサポートしてもらえるのか、費用についても忘れずにチェックしましょう。

関連記事:小規模企業や中小企業におすすめの勤怠管理システムとは?選び方を詳しく解説

5. 勤怠管理システムの導入事例

虫眼鏡で事例を確認しようとしている

最後に、勤怠管理システムの導入によって企業の課題を解決した事例を2つご紹介します。

5-1. 正確な勤怠管理にくわえ不要な残業も減少

勤務形態が不規則であることから、労働時間の集計ミスの多さが課題となっていた企業の事例です。自社の勤務形態に合わせて柔軟にカスタマイズできる勤怠管理システムを導入したことにより、労働時間が正確に把握できるようになっただけでなく、3~4日かかっていた締め作業が2日に短縮されました。

さらに、残業についても、システムで申請してから上長が承認をおこなうフローに変えたところ、必要のない残業が減り、残業時間の削減にもつながったそうです。

参考:導入事例|jinjer株式会社

5-2. 勤怠管理にかかる作業工数の大幅な削減に成功

従業員の増員にともない、タイムカードでの勤怠管理に限界を感じていた企業の事例です。勤怠管理システム導入によってペーパーレス化を実現できただけでなく、タイムカードの回収や集計にかかる工数も大幅に削減できました。

くわえて、残業や有給の申請も、従来の紙からシステムに変ったことで、従業員側でリアルタイムに確認できるようになり、残業や有給に関する問い合わせを無くすことにも成功しています。

参考:参照:導入事例|jinjer株式会社

6. 勤怠管理システム導入で中小企業の課題を解決しよう

これから事業拡大を狙おうとする中小企業の中には、これまでのタイムカードや出勤簿による勤怠管理に限界を感じている企業も多いことでしょう。

しかし勤怠管理システムなら、そんな悩みを一気に解決してくれます。勤怠管理システムを使用し、効率的な勤怠管理をおこないましょう。

勤怠管理システムの導入はこれだけ抑えておけば大丈夫!
「勤怠管理システム導入完全ガイド」

勤怠管理システム導入完全ガイド

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの勤怠管理の担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、当サイトでは勤怠管理システムのメリットや導入までの手順をまとめたガイドブックを無料で配布しております。

これ一冊でシステム検討から導入までに必要な情報がまとまっておりますので、社内で検討する際に役立てたい、上司に説明する際の資料が欲しいという方はぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

勤怠・給与計算のピックアップ

新着記事