雇用契約における試用期間の意味とよくあるトラブルを紹介 | jinjerBlog

雇用契約における試用期間の意味とよくあるトラブルを紹介

近年、採用までのスピード感が速くなる中で、雇用主側で採用した労働者の適性を見極めることが困難になっています。

そのため、企業の中には試用期間を設けて勤務態度やスキルに問題がないかをチェックする場合も増えているのではないでしょうか。

本記事では、雇用契約における試用期間とは何を意味しているのか、また、起こりやすいトラブルについて解説します。

「入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を徹底解説!」

デジタル化に拍車がかかり、「入社手続き・雇用契約の書類作成や管理を減らすために、どうしたらいいかわからない・・」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。

そのような課題解決の一手として検討していきたいのが、入社手続き・雇用契約のペーパーレス化です。

システムで管理すると、雇用契約の書類を作成するときに、わざわざ履歴書を見ながら書類作成する必要がありません。書類作成に必要な項目は自動で入力されます。

また、紙の書類を郵送する必要がないので、従業員とのコミュニケーションが円滑に進み、管理者・従業員ともに”ラク”になります。

入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を成功させるため、ぜひ「3分でわかる入社手続き・雇用契約のペーパーレス化」をご参考にください。

1. 試用期間とは

雇用契約における試用期間とは、長期雇用を前提として労働者の適性をチェックするための期間とされています。

労働者の適正としては、業務を遂行する上で必要な能力やスキルはもちろん、勤務態度なども考慮されるでしょう。

雇用主側は試用期間の適性を見て、本採用するかどうかを決めることができます。

一般的に試用期間の長さは1ヵ月から6ヵ月程度となっており、法律で決められているわけではありませんが、最長でも1年前後になるでしょう。

労働者側も試用期間を通じて、仕事内容や職場の雰囲気が自分に合っているかどうか、適性を実感できるでしょう。

1-1. 試用期間と有期雇用契約の違い

企業の中には、試用期間の代わりに有期雇用契約という形で社員を雇い、その後に正社員に転換することを考える場合もあるかもしれません。

しかし、有期雇用契約は、「仕事がその期間しかない」という前提のもとにある雇用契約であるため、試用期間とは大きく前提条件が異なります。

「有期雇用契約で仕事をしてもらった後、とても優秀だったため、他でも仕事をしてもらいたい」という流れであれば問題ありませんが、有期雇用契約は期限を過ぎたら基本的に契約を終了することになります。

1-2. 試用期間の待遇について

試用期間が設けられると、労働者としてはその間の待遇が気になるところです。労働基準法などの法律には定められていないため、雇用主側が自由に決定できます。

企業によっては試用期間中も本採用時と同じ雇用条件にしているところもあれば、給与や待遇などに差をつけているところもあります。試用期間中は給与を低めに設定しておき、本採用とともに給与を引き上げるという形を取っている企業は少なくありません。

また、企業や雇用主が都道府県労働局長から減額特例の許可を得ている場合には、試用期間中最長6ヵ月まで最低賃金の80%の賃金で労働者を雇用することが可能です。

2. 試用期間中の解雇は可能か?

試用期間中であっても労働者が行う仕事に変わりはありません。試用期間中に突然解雇を告げられた場合、正当性はあるのでしょうか。

ここで覚えておくべきなのは、試用期間には企業側や雇用主側が労働契約解除権を留保している状態であるという点です。もし試用期間中に労働者に適性がないと判断すれば、企業や雇用主は労働契約解除権を行使して労働者を解雇することが可能になります。試用期間中であれば、本採用後よりも幅広い事由で労働者を解雇できるのです。

雇用主側は試用期間開始後14日以内であれば即時解雇が可能ですが、それ以降は30日前までに解雇予告通知書を作成しなければなりません。

ただし、試用期間中に企業や雇用主が労働者を解雇できるとはいえ、もちろんどんな理由でもよいわけではありません。

たとえば病気になったりけがをしたりして、復職が難しいなど、正当な事由が必要です。

休職すればまた仕事に戻れるにもかかわらず解雇すると不当解雇となります。

また、勤務態度が悪い場合も解雇の事由となります。正当な理由なく欠勤を繰り返す、遅刻・欠勤をしないように指導しても改善が見られない場合には解雇できるでしょう。

経歴詐称も解雇の正当な事由です。履歴書、職務経歴書、保有資格を偽って採用された場合には、解雇しても不当解雇と見なされることはありません。

3. 試用期間中によくあるトラブル、対策

試用期間中にはトラブルも起こりやすいものです。試用期間中に起こり得るトラブルとその対策について見ていきましょう。

3-1. 雇用主側が本採用を拒否する

試用期間が終了した際、特に問題が無い場合は本採用することになります。しかし、場合によっては雇用主側が本採用を拒否したい場合もあるでしょう

ただし、試用期間終了時に本採用を見送る旨を知らされた場合、これは違法です。試用期間とはいえ雇用契約は締結されているので、本採用の拒否には正当な事由が必要となります。

雇用主側は労働者に対し、本採用を拒否する正当な事由を説明する義務があるのです。

3-2. 各種保険に加入させてもらえない

試用期間中の別のトラブルは雇用保険や社会保険に加入させてもらえないというものです。

ここで重要となるのが、試用期間中であっても雇用契約は締結されている点です。

雇用主側は労働者を保険に加入させる義務があります。もし各種保険に加入させてもらえないのであれば、会社に相談しましょう。

会社に相談しても改善が見られないのであれば、労働基準監督署やハローワークなどの行政機関、弁護士への相談も選択肢のひとつです。

4. 試用期間についてよく理解してトラブルを未然に防ぐ

試用期間は雇用主にとっても労働者にとっても意味のある期間です。試用期間中の待遇や解雇の事由についてよく理解しておかないと、思わぬトラブルにつながりかねません。

試用期間に雇用主側が果たすべき役割をよく理解して、トラブルを未然に防ぎましょう。

【関連記事】

正社員雇用で必須の雇用契約書の作成方法を分かりやすく解説

アルバイト採用でも雇用契約書は必要?作成するための4つのポイント

パートタイマーの雇用契約書を発行する際に確認すべき4つのポイント

労働条件通知書と雇用契約書の違い|それぞれの役割と発行方法を解説

入社手続きのペーパーレス化で工数削減を実現近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。

入社手続き・雇用契約は、書類作成時に履歴書を見ながら入力する作業がありますし、従業員に記入ミスがあると、書類を送り直して、修正してもらう必要があり大変です。

「今まで担当者がどうにかしていたけど、この春から従業員数が増えて、人力には限界がある。。」とお悩みの方は、入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を検討してみましょう。

ペーパーレス化をすると、入社手続きをオンライン上で完結することができます。ペーパーレス化を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「導入を検討するといっても、何から始めたらいいかわからない」という人事担当者様のために、勤怠管理システムを導入するために必要なことを21ページでまとめたガイドブックを用意しました。

人事の働き方改革を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。