経費削減の成功事例を紹介!経費削減の方法や実現させるポイントを解説 | jinjerBlog

経費削減の成功事例を紹介!経費削減の方法や実現させるポイントを解説

経費削減

企業の利益向上のためには、経費削減は重要な施策の1つです。
具体的な削減方法としては、社内業務のペーパーレス化、水道費や光熱費、通信費などの見直し、消耗品の発注数や購入方法の再検討、交通費や出張費など人件費の見直しがあります。

今回は、経費削減の成功事例を紹介するとともに、具体的な経費削減策や実現させるポイントについて解説します。

経費削減のアイデア集を無料配布中!
これ一冊で経費削減は完全対応!

「経費削減をしたいが、何からはじめたらいいかわからない」 「経費削減のアイデアがなかなか浮かばない」 「経費削減を行い、利益率を上げて会社全体の経営状況をよりよくしたい」

などなど経費削減の進め方に関して疑問を感じることはないでしょうか。

経費削減は経営において良い影響がほとんどですが、注意しないと会社に大きな損害を与えるケースもあり、慎重に行うことが重要です。

当サイトでは経費削減のアイデアから経費削減を進める手順、またやってはいけない経費削減など経費削減に関して網羅的に解説した「経費削減のアイデア一覧」を無料で配布しております。経費削減を検討している人はもちろん、すでに経費削減を進めている人にとっては間違った経費削減をしていないかを確認できる資料ですので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

経費削減

ダウンロード

1.そもそも経費削減(コスト削減とは)

経費削減

そもそも経費削減とは、社内での業務や管理の方法などの「仕組み」を改善して発生する費用を削ることです。例として、書類の電子化によるコピー代の削減なども経費削減に含まれます。同じ意味で利用される言葉として合理化やコスト削減、またコストカットなどが挙げられます。

2.経費削減(コスト削減)の成功事例

事例

経費削減の方法にはさまざまなものがあります。
まずは大手企業の経費削減方法を参考に、自社で取り組むべき削減策を考えてみましょう。

ここでは、2つの企業の経費削成功事例を紹介します。

2-1.株式会社セブン‐イレブン・ジャパン 

コンビニエンスストアの代表格ともいえる「セブンイレブン」で有名な株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、従業員およそ9000人を抱える大手企業です。
同社が施策した主な経費削減方法は、伝票や帳票のデジタル化と電力代の削減の2つです。

従来のセブン‐イレブン・ジャパンでは、伝票や帳票などの会計処理をすべて紙で行っていました。
保管されていた紙データはおよそ2億2,000万枚という膨大なもので、用紙代だけでなく保管コストも大きな負担となっていました。

この事務処理コストを削減するために会計システムのデジタル化を導入、伝票や帳票をペーパーレス化し、年間14億円の経費削減に成功しました。

また、およそ6900店舗の店内照明をLEDに変更したり、空調温度の設定を高くしたりといった節電対策を徹底することで、1ヵ月の電力使用料金をおよそ27%削減しました。

2-2.ソフトバンクグループ株式会社

フトウェア・通信業界の大手企業、ソフトバンクグループ株式会社は、1000以上の細かなコスト削減策を実行することで、およそ200億円の経費削減に成功しています。
なかでも効果が大きかった施策の1つが、社内業務をデジタル化して用紙代を削減するというものです。

法人顧客との契約手続きをデジタル化することで、印紙税の削減にも成功しています。
ペーパーレス化の徹底によって、数億円の経費削減につながりました。

3.経費削減(コストダウン)の具体的な方法

流れ

経費削減を実行する際は、成果がはっきり出るところから取り組みましょう。
しかし、従業員の福利厚生をカットする、冷暖房の使用を制限するなど、従業員のモチベーションを下げるような経費削減は避けるべきです。

会社で実行しやすい具体的な経費削減方法としては、次の4つがあります。

3-1. 社内業務のペーパーレス化

社内業務のペーパーレス化とは、これまで紙に印刷して出力していた業務をパソコン上で処理したり、PDFやチャットツールでやり取りしたりする施策です。

伝票や帳票などの会計処理ほか、会議で使用する書類や各申請書などをデジタル化することで、これまでかかっていた用紙代やインク代、書類の印刷代などが削減できるほか、書類をまとめたり配布したりする作業を省くことができます。

実行しやすく大きな効果が期待できるため、まず始めに取りかかりたい経費削減策の1つといえるでしょう。

3-2. 水道費や光熱費の見直し

経費削減は小さな積み重ねが重要です。
毎月の固定費である水道費や光熱費、通信費などを見直すことで、年間を通して大きな経費削減が見込めるでしょう。

とくに複数の店舗を持つ小売業や大きなオフィスを所有する企業などは、大きな効果を期待できるでしょう。

具体的な見直し方法としては、前述した株式会社セブン‐イレブン・ジャパン のように、社内または店内の照明をLEDに切り替える、安い料金プランを用意している電力会社や通信会社に変更するといった方法が効果的です。

また、経営者や経営陣が、現在のオフィスの賃料契約や使用スペースについて考えることも大切です。
可能であれば不動産業者を通して賃料の値下げ交渉をする、場合によってはオフィスの移転を検討してみましょう。

3-3. 消耗品の種類や数の見直し

筆記用具や付箋、ホッチキスなど、業務に必要な消耗品を見直すことも閉扉削減の1つです。
消耗品は業務に必要不可欠なものですが、種類や数を過剰に揃えているケースがあります。

従業員の人数や業務内容から消耗品の発注数を見直し、在庫過多を無くすことで経費削減につなげましょう。
購入方法についても、法人向けサイトなどでまとめ買いするなどして、消耗品にかかる経費をできるだけ抑えることが大切です。

3-4. 交通費や出張費など人件費の見直し

業種によっては、従業員の交通費や出張費といった人件費に経費がかかっている場合もあります。
ウェブ会議ツールなどのコミュニケーションシステムやテレワーク導入することで出張回数を減らし、出張費や移動にかかる交通費を削減しましょう。

4.経費削減(コストダウン)のポイントと注意点

プレゼンする様子

経費削減を実現させるには、経費削減自体を目的にしないこと、サービスや製品のクオリティを低下させないこと、従業員の理解を得てから実行することがポイントです。

4-1.経費削減の目標を設定する

経費削減を実行する際は、不要な経費をリストアップするとともに、経費削減によって得られる効果を具体的な数値として試算することです。
そのうえで目標とする数値を設定し、実施内容とともに社内に周知します。

経費削減を成功させるには、部署ごとに意識の差が出ないよう、会社全体で目線合わせを行うことが重要です。
経費削減のための取り組み内容をしっかり設定し、組織全体に浸透させましょう。

4-2.サービス・製品のクオリティを下げない

経費削減はただ闇雲に行なえばよいというわけではありません。
たとえば自社の製品やサービスに関する項目について、クオリティを落とすような経費削減を行うようなことは避けましょう。

経費削減は無駄を削ぎ下とし、企業利益を向上させるためのものです。
製品やサービスは自社の顔であり、クオリティの低下は顧客や従業員からの信頼を失うことになりかねません。

4-3.従業員の理解を得たうえで進めていく

経費削減を成功させるには、会社全体で意識を統一することと、従業員全員の協力が必要不可欠です。
取り組む予定の削減をきちんと周知し、従業員の理解を得たうえで施策しましょう。

従業員に負担がかかる施策を一方的に進めてしまうと、協力を得られないだけでなく、業務へのモチベーションが低下する可能性もあります。

経費削減によって企業利益が向上した際にはボーナスアップを実現するなど、従業員のメリットになるような目的を掲げることが大切です。

5.経費削減を成功させるには具体的な目的と従業員の理解が必要不可欠

職場

企業が経費削減を実行する際は、ただ闇雲に経費削減をするのではなく「不要なもの」をカットするため、具体的な施策や得られる効果を試算することがポイントです。
経費削減の成功事例を参考にしながら、自社に合った経費削減策を実行しましょう。

また、経費削減は会社全体の目線を合わせ、従業員の協力を得ながら行うものです。
実行する際は従業員の理解を得てから進めましょう。

経費削減のアイデア集を無料配布中!
これ一冊で経費削減は完全対応!

「経費削減をしたいが、何からはじめたらいいかわからない」
「経費削減のアイデアがなかなか浮かばない」
「経費削減を行い、利益率を上げて会社全体の経営状況をよりよくしたい」

などなど経費削減の進め方に関して疑問を感じることはないでしょうか。

経費削減は経営において良い影響がほとんどですが、注意しないと会社に大きな損害を与えるケースもあり、慎重に行うことが重要です。

当サイトでは経費削減のアイデアから経費削減を進める手順、またやってはいけない経費削減など経費削減に関して網羅的に解説した「経費削減のアイデア一覧」を無料で配布しております。経費削減を検討している人はもちろん、すでに経費削減を進めている人にとっては間違った経費削減をしていないかを確認できる資料ですので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

経費削減

ダウンロード