36協定の労働者代表とは?選出される条件や方法を解説! | jinjerBlog

36協定の労働者代表とは?選出される条件や方法を解説!

時計の写真

36協定を締結するためには、使用者と労働組合の間で書面による協定をする必要があります。
しかし、中小企業が9割以上を占める日本では、労働組合のない企業も多いため、実際は労働者代表を選出して36協定を締結するケースも多く見受けられます。

労働者代表の選出方法にはいくつかの決まりがあるので、これから36協定を締結する場合には、正しいルールを押さえておきましょう。今回は、36協定の労働者代表に関する基礎知識や、選出方法について解説します。

関連記事:36協定における残業時間の上限を基本からわかりやすく解説!


「36協定締結の手順書」を無料配布中!

36協定は毎年もれなく提出しなくてはなりませんが、慣れていないと届出の記載事項や作成において踏むべき手順も分からないことが多いのではないでしょうか。

当サイトでは、そもそも36協定とは何で残業の上限規制はどうなっているかや、届出作成~提出の流れまで36協定の届出について網羅的にまとめた手順書を無料で配布しております。

これ一冊で36協定の届出に対応できますので、36協定届の対応に不安な点がある方は、ぜひこちらから「36協定の手順書」をダウンロードしてご覧ください。

36協定eBook

1. 36協定とは?

締結している様子

36協定とは、労働基準法36条において定められている労使協定です。
法定労働時間である1日8時間、週40時間を超えた労働(時間外労働)や休日労働をさせる場合、労働基準監督署に36協定届の提出が必要となります。

36協定では、時間外労働でおこなわれる業務内容や労働者数、時間数、有効期間などを定めます。
36協定を締結することで、月45時間、年360時間まで時間外労働をさせることが可能となります。

特別条項付き36協定を締結することでそれ以上労働させることが可能ですが、上限は以下の通り定められています。

・年間の時間外労働は720時間以内
・1ヵ月の時間外労働と休日労働の合計が100時間未満
・2~6ヵ月の時間外労働と休日労働の平均が月80時間以内
・限度時間を超えられる回数は年6回まで

また、届け出を提出する前には労使間で協定書を締結する必要もあるので、提出期限には余裕を持って対応するようにしましょう。

2. 36協定の労働者代表は労働組合がない場合に選出

従業員

36協定のベースである労働基準法第36条では、36協定を締結するにあたり、使用者は労働組合か「労働者の過半数を代表する者」と書面による協定を結び、行政官庁に届け出ることを義務づけています。[注2]

36協定における労働者代表は、事業所に労働組合が組織されていない場合に選出する必要があります。

労働基準法施行規則では「過半数代表者」とも呼ばれる労働者代表は、文字通り、労働者の過半数を代表する者として、使用者に意見を述べたり、使用者との間で協定を締結したりする役割を担うことになります。

使用者側も、36協定の内容を決めたり変更したりする際は、労働者代表を通じて労働者の意見を聴かなければならないこととされています。

協議の末、双方合意に至った場合は、必要事項を記載した協定書の内容をしっかり確認したうえで、署名・押印して36協定を締結するという重要な役割も請け負うことになります。

[注2]e-Gov法令検索「労働基準法」

3. 36協定の労働者代表に選出される条件

条件

労働基準法および労働基準法施行規則では、36協定の労働者代表になる人について、いくつかの条件を設けています。ここでは、36協定の労働者代表になる人の特徴を3つにわけて解説します。

3-1.  労働者の過半数を代表していること

労働者代表は、その企業の労働者の過半数を代表する者であることが条件となります。
過半数を代表する者とは、挙手や投票などによって民主的な方法で選ばれる必要があります。

ここでいう「労働者」とは、正社員だけでなく、契約社員やパート、嘱託社員、再雇用者、アルバイトなど、その企業で働くすべての人を指しています。なお前述の通り、管理監督者は労働者ではありますが、労働者代表にはなることはできません。

また、アルバイトなどの非正規労働者も労働者代表になることができますが、出向してきた派遣社員はその企業に直接雇用されているわけではないため、労働者代表になることはできません。

3-2. 管理監督者でないこと

労働基準法施行規則では、36協定の労働者代表になる人について、労働基準法第41条2号に規定する監督または管理の地位にある者でないことを条件に掲げています。[注3]

同法第41条は、労働時間等に関する規定の適用対象外になる者を定めた条項で、同条2号ではそのうちの1つとして「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」を挙げています。

ここでいう「監督若しくは管理の地位にある者」とは、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある人のことです。

36協定は使用者と労働者の間で締結するものですので、限りなく使用者の立場に近い人が労働者代表に選ばれると、労使間協定という根本的な構図が崩れてしまうおそれがあります。

「監督若しくは管理の地位にある者」の役職について、明確な定めがあるわけではありませんが、一般的には労働条件の決定やその他労務管理について経営者と一体的な立場にある人、たとえば部長や工事長といった役職にある人が管理監督者に該当するとみなされます。

ただし、部長や工事長であっても、人事や賃金などの決定を行う権限を持たず、かつ責任も負わない立場にいる人は「監督若しくは管理の地位にある者」とはみなされません。

労働基準施行規則で、明確な役職・地位について定めていないのも、企業によって管理監督者が担う役割に差があるためと考えられます。

以上のことから、36協定の労働者代表を選出する際は、役職や地位よりも、労働条件に関する決定権を有しているか否か、責任を負う立場にあるかどうかをもとに人選することが大切です。

[注3]e-Gov法令検索「労働基準法施行規則」

3-3. 使用者の意向によって選出された人でないこと

労働者代表を選出する際は、36協定の労働者代表を選出することを明らかにしたうえで、投票や挙手などによって選ぶ必要があります。

仮に企業の代表者が特定の労働者を代表に指名するなど、使用者の意向によって労働者代表を選出された場合、その36協定は無効になりますので注意が必要です。

一方の労働者側も、代表を選出するときは然るべき手続きを経て適任者を選ばなければなりません。

「いちいち選ぶのは面倒だから」などの理由で社員親睦会の幹事をそのまま労働者代表に任命した場合は、労働基準法施行規則第6条2の2で定めている「法に規定する協定等をする者を選出することを明らかにして実施される投票・挙手等」に違反することになりますので、やはり36協定は無効になります。

36協定の労働者代表を選出する方法については、この後に説明します。

4. 36協定の労働者代表の選出方法

選出

労働基準法施行規則では、36協定の労働者代表の選出方法として、「法に規定する協定等をする者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法」を挙げています。

なお、投票・挙手は選出方法の一例であり、36協定の労働者代表の選出であることを明らかにしており、かつ使用者の意向が反映されない方法であれば、他の方法で選出することも可能です。

ここでは、36協定の労働者代を実際に選出する方法と、大まかな手順をまとめました。

4-1. 労働者に対して労働者代表を選出する必要性とルールを説明する

まずは労働者全員に対し、36協定を締結することと、労働者代表を選出することを説明します。

特に後者は、労働者代表を選出するにあたって必要不可欠な要素ですので、初めて「36協定」や「労働者代表」という言葉を聞いた人でも理解・納得できるよう、わかりやすい説明を心がけましょう。

4-2. 適切な方法で労働者代表を選出する

労働者に36協定および労働者代表の必要性について説明したら、然るべき方法で労働者代表を選出します。代表的な選出方法としては、以下3つが挙げられます。

・無記名投票
・挙手、起立、回覧などによる信任投票
・各職場代表による互選

最も公平かつ民主的な選出方法は、自身の名前を書かずに投票する無記名投票ですが、労働者の分母が大きい企業の場合、労働者全員を一同に介して投票させるのは、多大な時間と手間がかかります。

場合によっては本業に支障を来すおそれがありますので、労働者数の多い企業では、持ち回りによる選出を採用しているところも多いようです。

なお、持ち回りで労働者代表を選出する場合は、労働者の過半数から支持されて選ばれたことを証明するために、挙手や起立、あるいは回覧などによる信任投票を行う必要があります。

その他の方法としては、各職場(営業部、経理部など)であらかじめ代表者を選出し、それぞれの職場の代表者同士が集まって互選するという手段もあります。

4-3. 労働者代表の選出方法について記録する

労働者代表の選出が適正に行われたことを証明するために、どのような方法で選出し、誰が労働者代表になったかを記録・保存しておきましょう。

5. 36協定の労働者代表の名義変更はすべきか

変更

さまざまな事情によって労働者代表が不在となることが生じ得ますが、その際は名義変更をおこなうべきなのでしょうか。ここでは、場合別にどのように対応すべきかを解説します。

5-1. 労働者代表が異動または退職した場合

労働者代表が異動によってその事業所を離れてしまったり、退職してしまったりした場合でも、協定の効力は継続します。そのため、年に一度、36協定を届け出る際に、新しく他の労働者代表を選出すれば問題ありません。

5-2. 過半数代表者の要件に該当しなくなった場合

そのほか法改正などによって過半数代表者の要件に該当しなくなった場合でも、36協定の代表者は再選出する必要はありません。なぜなら、過半数代表者の法定要件は、協定成立時に求められるもので、存続要件ではないと考えられているためです。

先述した通り、次の届け出をする際に新しい労働者代表を選出するようにしましょう。

6. 36協定を締結する労働者代表は適正な方法で選出しましょう

選挙

労働組合のない企業が36協定を締結する場合は、あらかじめ労働者の中から労働者代表を選出しなければなりません。労働者代表は、管理監督者を除くすべての労働者の中から、投票や挙手などの方法で選び出すのが一般的です。

労働者代表が適正な方法で選出されなかった場合、その36協定は無効となってしまうため、労働者代表に選出される条件や、正しい選出方法を事前に確認しておくことをおすすめします。

関連記事:36協定の協定書とは?協定届との違いや書くべき項目を解説
関連記事:36協定の届出とは?作成の方法や変更点など基本ポイントを解説

【2021年最新】
残業時間の法改正!ルールと管理効率化BOOK

働き方改革による法改正で、残業時間の管理は大幅に変化しました。
当初は大企業のみに法改正が適応されていましたが、現在では中小企業にも適用されています。
この法律には罰則もあるので、法律を再確認し適切な管理ができるようにしておきましょう。

今回は「残業時間に関する法律と対策方法をまとめたルールブック」をご用意いたしました。
資料は無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。