製造業向け勤怠管理システムとは?課題別選定ポイントも解説! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

製造業向け勤怠管理システムとは?課題別選定ポイントも解説! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

製造業向け勤怠管理システムとは?課題別選定ポイントも解説! - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

製造業向け勤怠管理システムとは?課題別選定ポイントも解説!

製造工場で機械が動いている

製造業では職種や雇用形態が多様なため、勤怠管理にお困りの企業が多いことでしょう。

誰がどの工程を何時間おこなったのか把握しにくい」「タイムカードだと毎朝打刻に行列ができたり、不正打刻が発生するなど、勤怠管理における悩みを抱えている企業もあるのではないでしょうか。

今回は、このような悩みを解決するために、製造業に勤怠管理システムを導入するメリットや、勤怠管理システムの選び方をご紹介します。製造業に勤怠管理システムを導入する3つのメリットを理解し、自社に最適な勤怠管理システムの選定ポイントを把握することで、自社の勤怠管理の効率化を促進させていきましょう。

関連記事:勤怠管理システムとは?はじめての導入にはクラウド型がおすすめ

勤怠管理システムの導入はこれだけ抑えておけば大丈夫!
「勤怠管理システム導入完全ガイド」

勤怠管理システム導入ガイド

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの勤怠管理の担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、当サイトでは勤怠管理システムのメリットや導入までの手順をまとめたガイドブックを無料で配布しております。

これ一冊でシステム検討から導入までに必要な情報がまとまっておりますので、社内で検討する際に役立てたい、上司に説明する際の資料が欲しいという方はぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

1. 製造業によくある勤怠管理のお悩み

従業員が製造工場で働いている

製造業に勤怠管理システムは必要なのでしょうか。製造業における勤怠管理の悩みを紹介するとともに、システムを導入するメリットがあるのか、悩みを解消できるのかなどについて解説していきます。

1-1. 職種・勤務形態が多様で管理しにくい

製造業では数多くの工程を経て製品を製造するため、そこには有期・無期雇用社員や派遣社員、外国人留学生など多くの従業員が関わります。職種や雇用形態も様々な従業員が在籍しているため、ほかの業種よりも勤怠管理が複雑になります。

企業の勤務形態に合ったシステムを導入していない場合、従業員の勤怠管理をおこなうのに時間がかかり、集計も正確にできないことがあります。

1-2. 製品製造にかかる人件費がわかりづらい

製造業では、商品原価に対する人件費の割合を的確に計算する必要があります。

例えば、製造ラインごとに作業時間を把握したい場合や、特定の作業工程にかかる時間を把握したい場合、システムの使い方や設定が難しく、結果的に正確な人件費を割り出すことが難しいケースが想定されます。

またシステムが複雑すぎると、工程と勤怠管理の連携がうまくいかず、人件費を正しく割り出せない場合があるでしょう。

1-3. 不正打刻や不正勤務が起きやすい

製造業においてタイムカードで打刻をおこなっている場合は、管理者の目が行き届かず従業員の不正打刻や不正記入が起こる可能性があります。

大人数の工場では、交代制勤務であるケースが多いためタイムカードによる打刻が難しく、入れ替わりのタイミングで行列ができることもあります。なりすましによる不正打刻を防止するための管理体制が重要となります。

HR関連法改正に関する解説資料

2. 製造業が勤怠管理システムを導入するメリット

手でグッドサインをしている

製造業において勤怠管理に出勤簿やエクセル等を利用している場合、前述した勤怠管理の悩みを解決することは難しいでしょう。

製造業においては勤怠管理システムを導入することで、上記のお悩みの解決に加え、以下に挙げる3つのメリットを生むことが期待できます。

2-1. 誰がどこで何の作業をしているのかわかる

製造業ではさまざまな職種や雇用形態の従業員が製造の工程に関わるため、勤怠管理も煩雑になりがちです。各従業員の勤務状況を正確に把握するためには、人事担当者の多大な労力を必要とします。

作業工数と勤怠管理が一体化されている勤怠管理システムを導入すれば、管理者はリアルタイムに従業員の勤務状況を可視化することができます。

2-2. 複雑な勤務システムにも対応できる

365日24時間稼働している工場の場合、2~3交代制の勤務形態をとっていることが多く、そういった工場では何種類ものシフト勤務が存在することになります。

正社員以外にも色々な雇用形態の従業員を管理しなければならず、勤怠管理もより複雑になるといえます。

勤怠管理システムを導入すると、このような複雑な勤務形態にも簡単に対応できます。システムには様々な打刻方法も用意されているため、スマホ・PC・タブレット・ICカードなど、従業員一人ひとりに合った方法で入力できるといった利点もあります。

2-3. 不正打刻を防げる

規模の大きい工場でタイムカード管理をおこなっている場合、従業員数が多いがゆえに代理で打刻がおこなわれるなどの不正がおこなわれる可能性が考えられます。

勤怠管理システムを導入すれば、ICカードや生体認証など個人認証によって管理することができるので、不正打刻を防ぐといった効果も得られます。

また、打刻する従業員で毎日行列ができるといった事象も解消でき、企業側にとっても従業員側にとってもストレスなく正確な打刻・勤怠管理が可能となります。

関連記事:勤怠管理システムを導入する5つのメリットは?デメリットも解説!

HR関連法改正に関する解説資料

3. 製造業におすすめな勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムを製造業の従業員が検討している

ここからは、製造業向けにおすすめな勤怠管理システムの選定ポイントについて解説します。

ひとえに勤怠管理システムといってもさまざまな特徴があるため、自社に最適な勤怠管理システムを選べるよう以下のポイントを参考にしてみてください。

3-1. 多彩な打刻方法がある

パソコン・スマホ・タブレット・ICカード・生体認証などによる、多彩な打刻方法が用意されている勤怠管理システムを選択し、現場に最適な打刻方法での勤怠管理を実現させましょう。

例えば工場の現場では、一般的には社員にパソコンは支給されていません。そのため製造業には、PCの打刻が前提のサービスは向いていません。
万が一パソコン対応の勤怠管理システムを導入してしまうと、普段パソコンを使用しない従業員に対する操作説明などのコストや、パソコンを複数人で利用することにより、システムを導入してなお打刻の行列ができるといったデメリットが生じる可能性があります。

多様な打刻方法が用意されている勤怠管理システムであれば、定期として使っているICカードで打刻したり、従業員は使い慣れた自分のスマートフォンで打刻することも可能です。また、指紋認証や顔認証で打刻できたり、スマホやタブレットで打刻時に顔写真を記録できたりするサービスであれば、不正打刻を防止する効果も見込めるでしょう。

以下のページでは、製造業界における勤怠管理システムの活用方法を解説しています。
勤怠管理システムを導入しようか検討されている方や現状の勤怠管理に課題を感じる方はぜひご覧ください。

関連サイト:製造業界の勤怠業務効率化|勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」

3-2.リアルタイムで勤務データを自動集計

時間外労働(残業)や休日・休暇も含めて、自動でリアルタイムに勤怠データを集計できる勤怠管理システムを選択することをおすすめします。

また、複数の勤務形態に合わせてカスタマイズが可能なものなら、複雑な勤務形態をとる製造業にも適しています。

リアルタイムに勤務データを見られれば、従業員の勤務状況をいつでも把握することができるようになります。時間外労働時間に対して、自動アラートをとばすことができるシステムであれば、従業員一人一人の働きすぎを抑止でき、残業の上限規制を超えないように管理することができます。

3-3. 使いやすさ・サポート体制が充実している

勤怠管理システムの導入において、使いやすさや直感的な操作性は非常に重要といえます。製造業においては、現場の管理者が労働管理についての理解や意識が不足している場合や、システムに詳しい社員が近くにいないケースも考えられるでしょう。

管理者や従業員にもわかりやすく簡単に操作できる仕様であれば、労働時間の記録や休暇申請、勤務シフトの調整まで円滑におこなうことができます。なお、サポート体制が充実したシステムであれば、導入後のトラブルや疑問点にも迅速に対応できるでしょう。

3-4. 多様なパターンでシフト管理ができる

勤怠管理だけではなく、シフト管理をおこなえるものを選択しましょう。シフトの作成を同時に簡単におこなえられたら、登録している従業員のスキルレベルや残業時間などの情報を元に適切なシフトを組むことができます。

ここまで、製造業の企業が勤怠管理システムを導入する際に確認しておきたい機能をご紹介しましたが、あわせてシステムの比較検討~システム導入~運用開始までの流れを確認しておくことで、システム導入に必要な準備や運用開始までの期間を把握することが可能です。

当サイトでは、勤怠管理システムを導入して運用開始するまでにどのようなことが必要になるかのをまとめたガイドブック「勤怠管理システム導入完全ガイド」を無料で配布しているため、こちらより資料ダウンロードページをご覧ください。

HR関連法改正に関する解説資料

4. まとめ

製造業の社員が喜んでいる

製造業が抱える勤怠管理の悩みや、勤怠管理システムを導入するメリット、製造業におすすめの勤怠管理システムの選び方を紹介しました。多様な従業員を抱える製造業においては、複雑な勤怠管理や煩雑な人件費の算出などに人事担当者の多大な労力を必要としていることでしょう。

自社に最適な勤怠管理システムを導入できれば、製造業特有の勤怠管理のお悩みも一気に解消できるでしょう。

勤怠管理システムを使用し、正確で効率的な勤怠管理をおこないましょう。

関連記事:大企業が導入すべき勤怠管理システムを選ぶ際のポイント4つ

関連記事:中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは

勤怠管理システムの導入はこれだけ抑えておけば大丈夫!
「勤怠管理システム導入完全ガイド」

勤怠管理システム導入ガイド

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの勤怠管理の担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、当サイトでは勤怠管理システムのメリットや導入までの手順をまとめたガイドブックを無料で配布しております。

これ一冊でシステム検討から導入までに必要な情報がまとまっておりますので、社内で検討する際に役立てたい、上司に説明する際の資料が欲しいという方はぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

勤怠・給与計算のピックアップ

新着記事