職種・勤務形態が多様な製造業におすすめの勤怠管理システムとは

製造業では職種や雇用形態が多様なため、勤怠管理にお困りの企業が多いことでしょう。

誰がどの工程を何時間おこなったのか把握しにくいタイムカードだと毎朝打刻に行列ができたり、不正打刻が発生するなど、勤怠管理における悩みを抱えている企業もあるのではないでしょうか。

今回は、このような悩みを解決するために、製造業に勤怠管理システムを導入するメリットや、勤怠管理システムの選び方をご紹介します。製造業に勤怠管理システムを導入する3つのメリットを理解し、おすすめの勤怠管理システムを導入すれば、今後の勤怠管理を効率的におこなえるでしょう。

これだけ抑えておけば大丈夫!「勤怠管理システム導入完全ガイド」

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、今回「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご用意いたしました。

ガイドブックには、以下のようなことがまとめられています。

・勤怠管理システムが普及している3つの理由
・勤怠管理システムの4つのメリット
・勤怠管理システムの導入までに必要な8つのステップ

勤怠管理システムの導入を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。

 

1. 製造業に勤怠管理システムは必要なのか

製造業に勤怠管理システムは必要なのでしょうか。製造業における勤怠管理の悩みを紹介するとともに、システムを導入するメリットがあるのか、悩みを解消できるのかなどについて解説していきます。

1-1. 製造業によくある勤怠管理のお悩み

勤怠管理システムを導入していない場合、製造業では勤怠管理に関して以下のような悩みがあるのではないでしょうか。

1-1-1. 職種・勤務形態が多様で管理しにくい

製造業では数多くの工程を経て製品を製造するため、そこには多くの従業員が関わります。職種や雇用形態も様々な従業員が在籍しているため、ほかの業種よりも勤怠管理が複雑なります。

企業の勤務形態に合ったシステムを導入していない場合、従業員の勤怠管理をおこなうのに時間がかかり、集計も正確にできないことがあります。

1-1-2. 製品製造にかかる人件費がわかりづらい

製造業では、商品原価に対する人件費の割合を的確に計算する必要があります。システムが複雑すぎると、工程と勤怠管理の連携がうまくいかず、人件費を正しく割り出せない場合があるでしょう。

1-2. 製造業勤怠管理システム導入のメリット3つ

製造業において勤怠管理に出勤簿などを利用していると、前述した勤怠管理の悩みを解決することはできません。しかし、勤怠管理システムを導入すれば、そんな悩みの解決に加えて、以下に挙げる3つのメリットを生むことができます。

1-2-1. 誰がどこで何の作業をしているのかわかる

製造業では色々な職種や雇用形態の従業員が製造の工程に関わるため、勤怠管理も煩雑になりがちです。各従業員の勤務状況を正確に把握するためには、人事担当者の多大な労力を必要とすることでしょう。

作業工数と勤怠管理が一体化されている勤怠管理システムを導入すれば、リアルタイムに従業員の勤務状況を可視化することができます。

1-2-2. 複雑な勤務システムにも対応できる

365日24時間稼働している工場の場合、2~3交代制の勤務形態をとっていることが多く、そういった工場では何種類ものシフト勤務が存在することになります。

正社員以外にも色々な雇用形態の従業員を管理しなければならず、勤怠管理もより複雑になるといえます。

勤怠管理システムを導入すれば、そんな複雑な勤務形態にも対応できるようになります。システムには様々な打刻方法も用意されているので、従業員一人ひとりに合った方法で入力できるといった利点を持っています。

1-2-3. 不正打刻を防げる

規模の大きい工場でタイムカード管理をおこなっている場合、従業員数が多いがゆえに自分以外の従業員に打刻してもらうといった不正がおこなわれる可能性は否めません。

勤怠管理システムを導入すれば、個人認証によって管理することができるので、不正打刻を防ぐといった効果も得られます。また、打刻する従業員で毎日行列ができるといった事象も解消することができます。

2. 製造業におすすめな勤怠管理システムの選び方

製造業に勤怠管理システムは必要なのでしょうか。製造業によくある勤怠管理のお悩みを紹介し、勤怠管理システムを導入することでどのようなメリットがあるのか、お悩みを解消できるのかを見ていきます。

2-1. 多彩な打刻方法

パソコン・スマホ・タブレット・ICカード・チャットアプリなどによる、多彩な打刻方法が用意されている勤怠管理システムを選択しましょう。

すると、従業員は、使い慣れた自分のスマホで打刻することも可能です。また、GPSで打刻場所を制限できる機能もあれば、不正打刻を防ぐことも可能です。

2-2.リアルタイムで勤務データを自動集計

残業や休暇も含めて、自動でリアルタイムに勤怠データを集計してくれる勤怠管理システムを選択しましょう。

また、フレックスタイムなど複数の勤務形態に合わせてカスタマイズが可能なものなら、複雑な勤務形態をとる製造業にも適しています。リアルタイムに勤務データを見られれば、従業員の勤務状況をいつでも把握することができるようになります。

2-3. 多様なパターンでシフト管理

勤怠管理だけではなく、シフト管理をおこなえるものを選択しましょう。シフトの作成を同時に簡単におこなえられたら、登録している従業員のスキルレベルや残業時間などの情報を元に適切なシフトを組むことができます。

3. まとめ

製造業が抱える勤怠管理の悩みや、勤怠管理システムを導入するメリット、製造業におすすめの勤怠管理システムの選び方を紹介しました。多様な従業員を抱える製造業においては、複雑な勤怠管理や煩雑な人件費の算出などに人事担当者の多大な労力を必要としていることでしょう。

勤怠管理システムなら、そんな悩みを一気に解決してくれます。勤怠管理システムを使用し、効率的な勤怠管理をおこないましょう。

勤怠管理システムの導入で工数削減を実現

近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。

人事業務は、タイムカードや出勤簿で労働時間を管理している場合、集計時にExcelに入力するといった工数がかかります。タイムカードでの労働時間管理にお悩みの方がいらっしゃいましたら、勤怠管理システムの導入を検討しましょう。

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤をWeb上で管理できるシステムのことです。

勤怠管理システムの導入を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「効率化できるのはわかったけど、実際にどのような機能があって、どのような操作画面なのかを知りたい」という人事担当者様のために、jinjerを題材に勤怠管理システムでできることや操作画面を35ページでまとめました。

働き方改革を成功させるため、ぜひ「1分でわかるjinjer勤怠」をご参考にください。