残業削減対策の具体的な方法と期待できる効果について解説

企業にとって残業削減の問題は、全社の利益に直結する重大な問題です。そして、従業員の士気にも影響することがあるため、慎重い対策していく必要があります。

一方、残業対策を上手く進めることができれば、利益の向上や従業員のモチベーションアップなど大きな効果が得られます。本記事では、残業削減に向けて、簡単に取り組めて効果が期待できる4つの方法をご紹介します。

1. 残業代に関する経費削減と3つの効果

電卓で計算している様子

残業削減の問題は、企業と従業員の双方の利益に直結する問題です。企業側の利益を考えるとともに、従業員側のメリットも考えておくと全社を巻き込んだ改革をおこないやすくするでしょう。

1-1. 生産性の向上による増益の効果

残業を削減することで得られるメリットとして、生産性の向上による増益があげられます。たとえば、残業代の総数を1ヶ月あたり500万円削減すること成功したら、削減した500万円の残業代だけではなく、それにともなった企業負担の年金や健康保険税も同時に削減されます。

さらに、全社で「基本的に従業員には残業をさせない」という方針を打ち出すことで、定時内に仕事を終わらせる意識が高まり、従業員の生産性向上が期待できます。

残業の削減によって捻出された金額は、社内の設備投資や、従業員の福利厚生として還元することが可能です。従業員の努力が自らにきちんと還元されるということを理解してもらい、さらなる経費削減や従業員満足度の高まりが見込めるでしょう。

1-2. 従業員のモチベーション向上の効果

職場によっては、「自分の仕事は終わっているけれど、上司がまだ残っていて帰れない」「残業しないといけないという同調圧力から帰りにくい」という従業員が中にはいるかもしれません。

このような環境にある職場で残業削減の問題に取り組むと、「定時にきちんと仕事が終わっている状態であれば帰ってもよい」という意識に変わることが期待できます。

「全社では残業削減に取り組んでいるけれど各部署の実態はわからない」という課題に対して、勤怠管理システムを利用することで個人の労働時間や有給休暇の取得情報だけではなく、部署単位での総労働時間が可視化されます。

可視化された労働時間に何か異変があれば、管理者側から部署や個人に対して何かしらアプローチを図ることができます。

1-3. 従業員のセルフイメージの向上の効果

残業削減の取り組みをおこなうことで、従業員の自尊心や幸福度の向上が期待できます。これは、今まで以上に効率的に業務をこなすことで、自分の自信につながるためです。

また、残業削減に取り組む企業の従業員にとっては、定時に帰ることで自分自身の時間を長く持つことができます。家族と過ごす時間、自己研鑽の時間に使うことで、満足感のもと業務に取り組むことができるようになるため、ストレスに負けない心を養うことにつながります。

2. 残業削減のために取り組むべき方法

数値資料から分析している様子

企業によっては、「一人あたりの業務量が手一杯で残業削減が見込めない」という人もいらっしゃるかと思います。そのような場合は、以下で紹介する方法をおこない、経費削減の意識を従業員に持たせることからはじめるのがおすすめです。

2-1. 残業をする理由を明確にする

最も手軽に残業削減につながる方法は、残業をする理由を明確にすることです。残業をする理由を明確にすることで、残業代が目的となっている残業や、上司に付き合っているだけの残業がなくなるでしょう。

また、何のために残業をするのかということを、その都度考えるようにすることで、自然と「無駄を省かないといけない」という意識が育ちます。従業員がこうした意識を持つことで残業削減だけではなく、さまざまな場面に役立てることができます。

2-2. 残業の申請制度を導入する

残業をおこなうかどうかを従業員の意思に任せている場合があります。この場合、無駄な残業について責任を取る人が不在の状態であり、だらだらと残業が続いてしまいがちです。

残業をおこなう際に事前申請制度を導入することで、上司が申請した場合のみ残業を認めることが残業削減に効果的です。

2-3. 残業におけるコスト削減の目標を共有する

残業削減の認識を管理者側が持っていた場合、労使間の関係に問題が生じる可能性があります。たとえば、管理者側が「全社で残業を30%削減する」と目標を掲げていたとしても、日々の業務に忙殺されていたり、現場の現状を理解していない上で目標を掲げていると従業員側が感じてしまう恐れがあります。

こうした問題を未然に防ぐために、残業削減のメリットを労使間で共通認識を持つことで、一丸となって残業削減に取り組むことができるでしょう。また、一丸となって残業削減に取り組むことで、大きな効果が期待できます。

3. 残業削減対策はストレスを軽減させることが大切

社長を筆頭に従業員が立っているイラスト

残業時間の削減をおこなう際に気をつけておきたいポイントは、労使間で共通認識を持っておくということです。残業削減の目標に対して戦略を現場に伝えるだけではなく、現場で働く従業員の声に耳を傾けることが大切です。

【勤怠管理システムの徹底解説資料 無料公開中!】

「勤怠管理システムについてもっと知りたい!」というお声を多くいただきましたので、jinjer勤怠を題材に、勤怠管理システムのことがわかる35ページの資料をご用意いたしました。

「勤務実績」「申請・承認」「締め処理」「自動集計」などの実際の画面、打刻方法や導入事例などのコンテンツ内容を掲載しています。ご興味のある方はこちら