タイムカードの打刻時間と労働時間のずれに関する対処法を解説

従業員の勤怠管理をタイムカードで運用している場合、タイムカードの打刻時間と実際の労働時間でずれが生じる場合があります。企業の労務管理者は、このずれに関する問題についてどのように対処したらいいのか悩むこともあるでしょう。

今回は、タイムカードの打刻時間と労働時間のずれを適切に対処する方法を紹介していきます。

「タイムカードと勤怠管理システムの違いを徹底比較ガイド」

働き方改革が始まり、「タイムカードの集計工数を削減したいけど、どうしたらいいかわからない・・」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。そのような課題解決の一手として検討していきたいのが、勤怠管理システムです。

勤怠管理システムの導入には、以下のようなメリットがあります。

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

働き方改革を成功させるため、ぜひ「タイムカードと勤怠管理システムの違いを徹底比較ガイド」をご参考にください。

 

1. タイムカードの打刻時間と労働時間のずれる問題

タイムカードの時間のずれに関する問題は2種類あります。こちらでは、タイムカードの打刻時間と労働時間がずれる原因について解説していきます。

1-1.タイムカードの不具合によるずれ

まず1つ目としては、タイムカードを打刻する際の押し込みすぎや機械の設定ミス、機械にゴミが入るなどで印字がずれ、正確に時刻が打刻されないことが挙げられます。その場合、打刻のずれに気付かず集計される可能性もあります。また、集計時に打刻のずれに気付いた際は、正確な労働時間の把握に工数がかってしまうことも問題になります。

1-2. 打刻時間と労働時間のずれ

2つ目は、タイムカードの打刻時間と労働時間のずれの問題です。企業によっては、タイムカードの打刻時間が出退勤の時間の場合も多く、実際の労働時間はその時間もよりも少なくなります。その場合、給与計算の際にどちらの時間で計算するか、という問題が生じるのです。

談笑をしたり、喫煙などの時間は労働をしていませんので残業時間ではありません。しかし、タイムカードだけで勤怠管理をしている場合は、打刻時間が労働時間とみなされてしまいますので注意しておきましょう。

2. 打刻のずれによる企業のリスクと正しい対処法

これまで解説してきた通り、従業員の勤怠管理をタイムカードで管理している場合は、打刻時間と労働時間がずれる問題が生じます。そのような事態になった際に、企業に起こり得るリスクとその「ずれ」を正しい対処法で処理することが重要です。

2-1.印字ミスを修正する

タイムカードの不具合で、正しく印字されていなかったり、二重に印字されたりした場合は、正確な時間の把握が難しくなります。その場で気付けば、すぐに訂正をすることも可能です。しかし、そのような事態に気付くことなく集計時に判明する場合もあります。

さらに、印字のミスに集計時も気付かず給与計算をしてしまう可能性もあります。その結果、給与の未払いや過剰支払いにつながるリスクとなりかねません。ずれた部分を修正しながら計算をするのは、工数もかかります。

大企業の場合はもともとの人数も多いので、さらに時間もかかり企業の生産性が低下するという結果に陥る場合もあるでしょう。

2-2.早出や残業の申請ルールを導入する

そのようなリスクを回避していく解決方法の1つとして、早出出勤や残業を行う場合は事前に上司に申請書を提出するというルールを作ることも有効的だと思われます。

もし、会社として早出出勤や残業が必要な場合には「時間外勤務指示書」により命令を下し、従業員は「時間外勤務申請書」を提出し申請が承諾された場合にのみ、時間外勤務が認められるというルールを社内で徹底しておけば、時間のずれを解消できるでしょう。

2-3.15分以上になるずれは理由を記載する

2つ目の解決方法としては、打刻時間と労働時間のずれが15分以上もの隔たりがある場合は、その理由を上司に報告する義務をルールとして定めておくと良いでしょう。タイムカードの機械がどこに設置してあるかは、企業によってさまざまです。

仕事する場所とタイムカードが離れた場所であろうと、何かしら特別な理由がない場合は15分以内に打刻ができます。時間のずれを解消するためには、出来るだけ仕事をする場所に近い所にタイムカードの機械を設置することで、ずれの範囲も最小に抑えることが可能になります。

2-4.タイムカードの打刻時間を労働時間とする

3つ目の解決方法としては、タイムカードの打刻時間を労働時間にしてしまうことです。そうすることで、時間のずれは解消され、残業代の漏れや未払い問題のトラブルは回避できます。しかし、ここで問題になるのは、そのずれた時間をどのように過ごしていたのかということです。

雑談したり、喫煙をしている時間も残業代に加算されてしまうでしょう。そのような場合には、「固定残業代」として処理する方法があります。このような細かい時間のずれをすべてそれで吸収してしまえば、企業としても残業代の払い漏れなどのリスクに備えることができるます。

3.ずれを解消して企業の効率化を目指そう

このようにタイムカードの打刻時間と労働時間の「ずれ」は、さまざまな弊害を起こし、企業の生産性の低下につながりかねません。勤怠管理を効率的に、かつ、正確に把握していくためにも労務管理システムを導入することで、このような問題は解決されるでしょう。

3-1. 勤怠管理システムを導入して「ずれ」をなくす

近年、このような「ずれ」における企業のリスクを軽減するために、勤怠管理システムを導入する企業も増加傾向にあります。

勤怠管理システムを使えばパソコン、スマートフォン、タブレットだけではなく、チャットツールなどでも打刻ができるようになりますので、従業員のより正確な労働時間の把握に役立ちます。さらに、タイムカードの打刻忘れを防ぐためのアラート機能も搭載していますので、さまざまな労務管理の負担を軽減してくれるのです。

4. まとめ

今回は、タイムカードの打刻時間と労働時間のずれの問題に関して、どのような対処をしていけばいいのかを解説しました。

残業代の未払い問題などのトラブルに巻き込まれないためにも、労務管理システムを導入することで、ずれの問題も解消し、労務管理業務の効率化にも役立つでしょう。

勤怠管理システムの導入で工数削減を実現

近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。

人事業務は、タイムカードや出勤簿で労働時間を管理している場合、集計時にExcelに入力するといった工数がかかります。タイムカードでの労働時間管理にお悩みの方がいらっしゃいましたら、勤怠管理システムの導入を検討しましょう。

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤をWeb上で管理できるシステムのことです。

勤怠管理システムの導入を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「効率化できるのはわかったけど、実際にタイムカードでの労働時間管理とどう違うのかを知りたい」という人事担当者様のために、タイムカードと勤怠管理システムの違いを23ページでまとめました。

働き方改革を成功させるため、ぜひ「タイムカードと勤怠管理システムの違いを徹底比較ガイド」をご参考にください。