営業活動の経費削減方法とは?重要な考え方や取り組む際の注意点について | jinjerBlog

営業活動の経費削減方法とは?重要な考え方や取り組む際の注意点について

営業

営業活動は会社に利益をもたらす業務であるとともに、訪問営業による交通費や出張費など、コストもかかる業務です。
利益率を上げるには、売上とコストのバランスが重要なため、リモートワークによるオンライ営業の導入やWeb会議で不要な出張費の削減、業務の見える化で過剰な営業人員を減らすといった方法で、無駄な経費を削減しましょう。

今回は、営業活動の経費削減方法を3つ紹介するとともに、経費削減を実行するにあたって重要な考え方や注意点について詳しく解説します。

経費削減のアイデア集を無料配布中!
これ一冊で経費削減は完全対応!

「経費削減をしたいが、何からはじめたらいいかわからない」 「経費削減のアイデアがなかなか浮かばない」 「経費削減を行い、利益率を上げて会社全体の経営状況をよりよくしたい」

などなど経費削減の進め方に関して疑問を感じることはないでしょうか。

経費削減は経営において良い影響がほとんどですが、注意しないと会社に大きな損害を与えるケースもあり、慎重に行うことが重要です。

当サイトでは経費削減のアイデアから経費削減を進める手順、またやってはいけない経費削減など経費削減に関して網羅的に解説した「経費削減のアイデア一覧」を無料で配布しております。経費削減を検討している人はもちろん、すでに経費削減を進めている人にとっては間違った経費削減をしていないかを確認できる資料ですので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

経費削減

ダウンロード

1.営業活動の経費削減方法とは

変更

経営効率を上げて企業の利益向上を実現するには、さまざまな部門での経費削減が必要不可欠であり、営業部門も例外ではありません。
「どの経費を削減するのか」という問題は、部門ごとに変わってきますが、営業部門においては、業務によって得た売上とコストのバランスが重要です。

営業活動でできる主な経費削減方法には、次のようなものがあります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1. リモート営業の導入

働き方改革の一環として、また、新型コロナウイルスの感染拡大によって大きく普及したリモートワークは、営業活動の経費削減にも大変効果的です。
これまで訪問ありきだった営業活動をリモートによるオンライン営業に切り替えることで、さまざまな経費を削減できます。

リモート導入によって大幅に削減できる経費としては、まず交通費が挙げられます。
自宅勤務の場合は、営業先までの交通費だけでなく、オフィスに出勤するための交通費もすべて削減できます。

続いて、消耗品費です。
消耗品費とは、ボールペンやコピー用紙、印刷代など、業務に必要な什器備品にかかる費用です。

リモートワークによってオフィスに出勤する回数が減ることで、消耗品の使用頻度が低くなるため、その分経費を削減できます。
消耗品は一つひとつの単価は低いですが、種類が多く、従業員が多いほど年間コストがかさむため、場合によっては大幅な経費削減につながるでしょう。

また、リモートワークでのオンライン営業が定着すれば、移動時間のカットや受注までのリードタイムの短縮、遠方のクライアントへのアプローチが安易になるなど、営業活動の効率化につながります。
無駄な時間を省くことができれば、限られた人員でも生産性を向上させることが可能なため、人件費の削減にもなるでしょう。

1-2. 出張費削減

出張費の削減は、営業部門だけでなく各部門で効果が得られやすい経費削減項目です。
遠征が必要な取引先への訪問は、飛行機代や新幹線代、ときには宿泊代が必要です。

一度の訪問で3万円以上の経費がかかることもあります。
費用対効果が大きな商談であればよいですが、売上にならない商談に移動や宿泊にお金をかけている場合もあるでしょう。

出張費を削減するための具体策としては、次のようなものがあります。

・Web会議システムの導入
・出張管理システムの利用
・早割などの格安航空券やお得な宿泊パックの活用
・法人カード決済でマイルやキャッシュバックを会社に還元

なかでもWeb会議システムの導入は簡単にでき、大きな効果が得られる経費削減策です。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業がWeb会議を導入しています。

商談によっては現地に直接訪問して交渉したり、確認したりしなければならないケースもありますが、なかにはWeb会議でも十分成果が得られる営業もあるでしょう。

出張は交通費や宿泊だけでなく、出張先で細々とした経費がかかります。
出張の必要性を精査する必要はありますが、Web会議の導入によって無駄な出張を削減できれば、大幅な経費削減につながります。

また、出張管理システムの利用も効果的です。
出張管理システムは、航空券や宿泊施設、レンタカーなど、出張経費を一元管理できるサービスです。

個人の出張申請手続きや精算が不要になるため、利益につながらない業務に費やす時間を短縮できます。

1-3. 営業人数を減らす

経費削減を成功させるために、人件費の削減は大きな課題の1つといっていいでしょう。
人件費削減で最も重要なのは、業務を見える化し、業務効率化を図ることです。

まずは営業活動の内容と人員を把握し、抱えている案件に対しての人員数を確認しましょう。
1つの案件に対して過剰な人員が投入されている場合は、適正な人数にすることで、減らした人員分の人件費を削減します。

1-4.利益向上につながる経費削減策なのかを見極めることが重要

営業活動の経費削減として、3つの削減策を紹介しましたが、どの施策もメリットだけではありません。
取り組み方次第では、売上を低下させてしまう場合もあります。

リモートワークによるオンライン営業は、これまでの対面方式とは異なり、離れた場所で従業員の勤怠管理を行わなければなりません。

万が一従業員が勤務を怠っている時間があったとしても、上司や経営者は気づきにくいでしょう。

出張費の削減やオフィス代の削減に関しても、経費を削減することばかりに気をとられないよう注意が必要です。
むやみな経費削減は逆効果です。

場合によっては授業員に負担を強いることになり、売上低下につながる可能性があります。
利益向上につながる経費削減を実現するには、「削減すべき経費」と「削減してはいけない経費」の見極めが重要です。

2.営業活動で経費削減するための重要な考え方

頭を抱える様子

営業活動は会社に利益をもたらすと同時に、コストもかかる業務です。
生産性を向上させて利益率を上げるためには、リモートやWeb会議の導入で訪問・出張回数を減らして業務コストを削減するほか、利益につながらない業務(ノンコア業務)をできるだけ減らし、コア業務である営業活動に費やせる時間を増やすことが大切です。

営業活動における主なノンコア業務としては、次のようなものがあります。

・社内会議
・日報の作成
・書類の作成(提案書、見積書など)

また、経費精算の申請をしたものの、ミスがあり経理から再提出を命じられた、交通費精算のために料金を調べるといったこともノンコア業務に該当します。
このようなノンコア業務を処理するために時間外労働をする場合もあり、利益につながらない業務と残業代で無駄な人件費がかかってしまいます。

無駄を省くためには、クラウドサービスなどの導入によって、ノンコア業務を自動化をすることがおすすめです。
経費精算の申請や交通費計算などに煩わされることもなくなり、無駄な経費を削減できます。

3.ノンコア業務を自動化して営業活動の経費削減を実現

電卓で計算する様子

営業活動の経費削減方法には、リモート営業による交通費や消耗品費の削減ほか、Web会議の活用による出張費の削減、業務の見える化で適正な人員数を把握することなどが挙げられます。
また、経費削減に取り組む際は、まず利益につながらないノンコア業務をできるだけ省くことが重要です。

ノンコア業務を自動化することで、その分の時間をコア業務に費やすことが可能です。
無駄な人件費も削減できるため、利益率もアップするでしょう。

 

経費削減のアイデア集を無料配布中!
これ一冊で経費削減は完全対応!

「経費削減をしたいが、何からはじめたらいいかわからない」
「経費削減のアイデアがなかなか浮かばない」
「経費削減を行い、利益率を上げて会社全体の経営状況をよりよくしたい」

などなど経費削減の進め方に関して疑問を感じることはないでしょうか。

経費削減は経営において良い影響がほとんどですが、注意しないと会社に大きな損害を与えるケースもあり、慎重に行うことが重要です。

当サイトでは経費削減のアイデアから経費削減を進める手順、またやってはいけない経費削減など経費削減に関して網羅的に解説した「経費削減のアイデア一覧」を無料で配布しております。経費削減を検討している人はもちろん、すでに経費削減を進めている人にとっては間違った経費削減をしていないかを確認できる資料ですので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

経費削減

ダウンロード