建設業におすすめの勤怠管理システムと導入するメリットについて

建設業では直行直帰で現場で働く従業員や、複数の現場を掛け持ちして働く従業員がいるため、勤怠管理にお困りの企業が多いことでしょう。「直行直帰・複数の掛け持ち現場があると勤怠管理がしにくい」「タイムカードや手書きは効率が悪い」など、勤怠管理における悩みを抱えている建設業の企業もあるのではないでしょうか。

今回は、このような悩みを解決するために、建設業に勤怠管理システムを導入するメリットや、勤怠管理システムの選び方をご紹介します。

これだけ抑えておけば大丈夫!「勤怠管理システム導入完全ガイド」

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、今回「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご用意いたしました。

ガイドブックには、以下のようなことがまとめられています。

・勤怠管理システムが普及している3つの理由
・勤怠管理システムの4つのメリット
・勤怠管理システムの導入までに必要な8つのステップ

勤怠管理システムの導入を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。

 

1. 建設業に勤怠管理システムは必要なのか

建設業に勤怠管理システムは必要なのでしょうか。建設業の勤怠管理に関するお悩みを紹介し、勤怠管理システムを導入することでどんなメリットがあるのか、現在抱えているお悩みを解消できるのかを見ていきます。

1-1. 建設業によくある勤怠管理のお悩み

勤怠管理システムを導入していない建設業では、以下のような悩みを抱えているケースが多く見られます。

1-1-1. 現場が変わりやすいため管理しにくい

建設業は、特定の現場や事務所で仕事をすることが少なく、基本的に様々な現場に派遣されます。従業員の中には複数の現場を掛け持ちして仕事をおこなっている場合もあるでしょう。また、短期間で現場が変動するため、従業員が今どの現場で仕事をしているのかを把握しづらい業種です。

現場が必ずしも事務所から近いとは限らないため、遠い現場の場合だと直行直帰する従業員もいるでしょう。そのため、正確な勤怠管理がしづらいといった悩みがあります。

1-1-2. 勤怠表を提出するのに事務所に行くのが面倒

手書きで勤怠管理をおこなっている場合、従業員は定期的に事務所まで勤怠表を提出する必要があります。しかし、建設業においては現場へ直行し、直帰する場合が多いため、遠い現場の場合はわざわざ事務所に行くのが面倒だという悩みがあります。

また、タイムカードで勤怠を管理している場合は、現場から毎日事務所に戻らなければならず、それが従業員にとっては時間のロスになってしまいます。

1-2. 建設業に勤怠管理システムを導入する3つのメリット

建設業で勤怠管理に手書きの勤務表やタイムカードを使用していては、前述した建設業によくある勤怠管理のお悩みを解決することができません。

勤怠管理システムを導入することでその悩みは解決でき、以下のような3つのメリットを生むことができます。

1-2-1. 正確な労働時間を把握できる

手書きの勤務表の場合、後でまとめて記入して提出する従業員が多いでしょう。そういった管理では、従業員全員が正確な労働時間を記入してくれているとは限りません。また、明らかな記入ミスがあった場合を除き、微々たる記入ミスや不正を見つけるのは困難です。

しかし、勤怠管理システムを導入すれば、入力漏れや残業時間の超過などをアラートで知らせてくれるため、従業員の入力ミスを防ぐとともに不正入力の防止にもつながります。

1-2-2. 直行直帰でもスマホで打刻できる

直行直帰が一般的な建設業においては、自分の出退勤時間が不明確になったり、手書きの勤務表を使用している場合には間違った時間を記入するといったミスを生じやすいといえます。

しかし、勤怠管理システムを導入すれば、使い慣れた自分のスマホで仕事終わりに素早く入力することが可能なので、そういったミスをなくすることができます。

1-2-3. 複数の現場にいる従業員を管理しやすい

エクセルなどで勤怠を管理している場合、複数の現場で働いている従業員を現場ごとに把握するのは手間がかかります。しかし、勤怠管理システムを導入すれば、従業員が入力した勤務状況を自動でまとめて管理してくれます。

また、複数の現場にいる従業員をグループ管理するといったカスタマイズも可能であるため、必要な情報をすぐに取り出すこともできるのです。

2. 建設業におすすめの勤怠管理システムの選び方

建設業におすすめの、勤怠管理システムの選び方をご紹介します。勤怠管理システムには様々な機能が備わっていますが、建設業のお悩みを解決できるのは以下の3つの機能が備わっているものです。

2-1. 打刻方法が多様にある

まずは、パソコン・スマホアプリ・ICカードでタッチ・チャットアプリなど様々な打刻方法が用意されているものを選択しましょう。

中でも、建設業では従業員が直行直帰で仕事をするケースが多いため、自分のスマホで簡単に勤怠入力をおこなえるのがとても便利です。

2-2. GPSで打刻場所の制限

勤怠管理システムの中には、GPSで打刻場所を制限する機能も備わっているものもあります。すなわち、現場でしか入力を行えないような制限をかけることが可能なのです。この機能を活用すれば、従業員の不正入力はもちろん、入力忘れも防ぐことができます。

3. 勤怠データを自動リアルタイムで集計

従業員が入力した勤務データを、リアルタイムに自動で集計してくれる勤怠管理システムを選択しましょう。社員が複数の現場を掛け持ちしている場合でも、様々な勤務形態に合わせて集計してくれるため、人事担当者の負担を軽くすることもできます。

リアルタイムで従業員の勤怠を把握できるため、残業状況なども把握しやすくなります。

4. まとめ

建設業の勤怠管理のお悩みや、勤怠管理システムを導入するメリット、建設業におすすめの勤怠管理システムの選び方を紹介しました。

建設業は、事務所から現場が遠い場合があるため直行直帰で働くことが多く、また、複数の現場を行き来する従業員も多いものです。現場が変わりやすくて勤怠管理が困難といった悩みを抱えている企業はきっと多いことでしょう。勤怠管理システムなら、そんな悩みを一気に解決してくれます。勤怠管理システムを使用し、効率的な勤怠管理をおこないましょう。

勤怠管理システムの導入で工数削減を実現

近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。

人事業務は、タイムカードや出勤簿で労働時間を管理している場合、集計時にExcelに入力するといった工数がかかります。タイムカードでの労働時間管理にお悩みの方がいらっしゃいましたら、勤怠管理システムの導入を検討しましょう。

勤怠管理システムとは、従業員の出退勤をWeb上で管理できるシステムのことです。

勤怠管理システムの導入を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「効率化できるのはわかったけど、実際にどのような機能があって、どのような操作画面なのかを知りたい」という人事担当者様のために、jinjerを題材に勤怠管理システムでできることや操作画面を35ページでまとめました。

働き方改革を成功させるため、ぜひ「1分でわかるjinjer勤怠」をご参考にください。