雇用契約と請負契約の違いとは?それぞれの内容・注意点を解説 | jinjerBlog

雇用契約と請負契約の違いとは?それぞれの内容・注意点を解説

雇用契約と請負契約の違いを正しく理解できているでしょうか。

従業員を雇用する場合、雇用主側が雇用契約と請負契約の違いについて理解しておくことは、思わぬトラブルを引き起こさないためにとても重要なことです。

今回は、雇用契約と請負契約、それぞれの内容や注意点について解説します。

「入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を徹底解説!」

デジタル化に拍車がかかり、「入社手続き・雇用契約の書類作成や管理を減らすために、どうしたらいいかわからない・・」とお困りの人事担当者様も多いでしょう。

そのような課題解決の一手として検討していきたいのが、入社手続き・雇用契約のペーパーレス化です。

システムで管理すると、雇用契約の書類を作成するときに、わざわざ履歴書を見ながら書類作成する必要がありません。書類作成に必要な項目は自動で入力されます。

また、紙の書類を郵送する必要がないので、従業員とのコミュニケーションが円滑に進み、管理者・従業員ともに”ラク”になります。

入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を成功させるため、ぜひ「3分でわかる入社手続き・雇用契約のペーパーレス化」をご参考にください。

1. 雇用契約と請負契約の違い

結論から記載すると、雇用契約と請負契約の違いは「労働者性の有無」になります。

労働者とは、「職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者」と労働基準法では定められており、雇用主は労働者に対して労働基準法などの法令に従って雇用しなければなりません。

雇用契約の場合は、雇用される側は「労働者」となるため、労働関係の法令の保護を受けることができますが、一方で、請負契約の場合は、雇用主と労働者という関係ではなく、注文者と請負人という関係となります。

請負人は労働関係の法令における労働者ではないので、労働者としての保護を受けることができません。

2. 雇用契約と請負契約の具体的な意味・内容

それでは、雇用契約と請負契約の具体的な意味や内容を見ながら、双方の具体的な違いについて確認していきましょう。

2-1. 雇用契約とは

雇用契約の根拠となるのは民法第623条で、労働者が行う労務に対して雇用主が報酬を支払うことを意味しています。

雇用契約では、始業・就業の時刻が定められていたり、就業する場所が決められていたりするなど、雇用主に指揮命令があります。

労働者に仕事についての指示や命令を拒否する権利がない、あるいは拒否したくてもできない状況であれば、指揮命令があると判断され雇用契約となるでしょう。

また、「時給」「日給」「月給」といったように、労働に対する報酬が支払われることに特徴があります。

2-2. 請負契約とは

対して、請負契約では指揮命令がないため、注文者からの依頼を拒否することができます。

雇用主が材料や機材を提供する雇用契約とは異なり、請負契約では自分の機械や資材を使用しなければなりません。

そして非常に重要なのは、完成品を引き渡すことが厚生労働省の「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」によって定められているという点です。

したがって請負契約では、成果物を引き渡さないと報酬が支払われません。

請負契約の場合、仕事が完成する前であればいつでも契約を解除することが可能である点も、雇用契約と大きく異なるポイントです。

【表】「雇用契約」と「請負契約」

  雇用契約 請負契約
指揮命令 あり なし
労働者側に求められる要件 「労働」に対して
報酬が支払われる
「成果物」に対して
報酬が支払われる
法令による保護 あり なし
契約解除 雇用主側から一方的に
契約解除はできない
仕事が完成しない間であれば
契約解除が可能

3.雇用契約や請負契約を結ぶ際の注意点

最後に、雇用契約・請負契約を労働者と結ぶ場合の注意点について、それぞれ解説いたします。

3-1. 雇用契約がどうかは労働者の実態によって決まる

雇用契約における重要な注意点は、契約上は雇用契約でなくても、働く人が労働者の実態を備えていれば雇用契約と見なされるということです。

たとえば、雇用契約以外の形態で契約していても、従業員に業務を拒否する選択肢がなかったり、業務に必要な材料や用具を会社が用意していたりする場合には雇用契約と見なされます。

3-2. 雇用契約の労働者は労働関係の法令で保護される

雇用契約の場合、労働者は労働関係の法令でしっかり保護されているため、雇用主としては、この点をよく覚えておく必要があるでしょう。

たとえば雇用契約を締結している労働者には、以下のような権利が与えられています。

・残業代の請求や有給休暇の申請が行える
・労働者は雇用主の指示や命令の元に業務を行うので、ある程度の範囲の損害は雇用主が負担する
・不合理な理由での解雇・契約解除を拒否できる

これらは、会社の就業規則にかかわらず与えられている権利であるため、たとえ就業規則に「残業代は支給されない」などと書かれていても無効となります。

3-3. 請負契約は労働者にとって不利な点が多い

請負契約は、雇用契約と比較して請負人に不利な点が多くあります。

請負契約を締結した場合、労働基準法などの保護を受けられなくなるからです。

もし不可抗力によって成果物が引渡し前に壊れてしまったり、なくなってしまったりした場合でも、報酬を請求することはできません。

雇用契約であれば会社が補填してくれる損失も、請負契約になるとすべて自分で穴埋めをしなければならないという状況も生じ得ます。

4. まとめ

雇用契約と請負契約の間には、それほど違いはないように思えるかもしれませんが、実は非常に大きな差があることがわかります。

そのため、雇用主側であっても労働者側であっても、これから結ぶのが雇用契約なのか請負契約なのかをはっきり理解する必要があるでしょう。

雇用主側としては、契約の際に雇用契約か請負契約かを新調に検討したうえで契約を締結するようにしましょう。

<関連記事>

正社員雇用で必須の雇用契約書の作成方法を分かりやすく解説

アルバイト採用でも雇用契約書は必要?作成するための4つのポイント

パートタイマーの雇用契約書を発行する際に確認すべき4つのポイント

労働条件通知書と雇用契約書の違い|それぞれの役割と発行方法を解説

入社手続きのペーパーレス化で工数削減を実現
近年、人手不足などの背景から、バックオフィス業務の効率化が多くの企業から注目されています。  

入社手続き・雇用契約は、書類作成時に履歴書を見ながら入力する作業がありますし、従業員に記入ミスがあると、書類を送り直して、修正してもらう必要があり大変です。

「今まで担当者がどうにかしていたけど、この春から従業員数が増えて、人力には限界がある。。」とお悩みの方は、入社手続き・雇用契約のペーパーレス化を検討してみましょう。

ペーパーレス化をすると、入社手続きをオンライン上で完結することができます。ペーパーレス化を検討することで、

・多様な打刻方法により、テレワークなどの働き方に柔軟に対応できる
・リアルタイムで労働時間を自動で集計できるため、月末の集計工数が削減される
・ワンクリックで給与ソフトに連携できる

など、人事担当者様の工数削減につながります。

「導入を検討するといっても、何から始めたらいいかわからない」という人事担当者様のために、勤怠管理システムを導入するために必要なことを21ページでまとめたガイドブックを用意しました。

人事の働き方改革を成功させるため、ぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をご参考にください。