飲食店の勤怠管理やシフト管理の課題は勤怠管理システムで解決! | jinjerBlog

飲食店の勤怠管理やシフト管理の課題は勤怠管理システムで解決!

飲食店の勤怠管理やシフト管理の課題とは?勤怠管理システムで解決!

飲食店の勤怠管理の課題として、「人によって勤務時間が異なるため勤怠の集計が大変」「毎週アルバイトから希望シフトを集めてシフトを作成するのが負担になっている」「アルバイトによる不正打刻をやめさせたい」などがあげられるでしょう。

多くの飲食店では、一店舗あたりにアルバイトの割合が多いため、少数の正社員が勤怠管理・シフト管理・各種承認業務などを担当しています。

本記事では、従業員の管理工数の割合が大きい飲食店におけり勤怠管理の課題の解決策について解説します。

関連記事:勤怠管理システムとは?はじめての導入にはクラウド型がおすすめ

勤怠管理システムの導入はこれだけ抑えておけば大丈夫!
「勤怠管理システム導入完全ガイド」

勤怠管理システム導入完全ガイド

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの勤怠管理の担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、当サイトでは勤怠管理システムのメリットや導入までの手順をまとめたガイドブックを無料で配布しております。

これ一冊でシステム検討から導入までに必要な情報がまとまっておりますので、社内で検討する際に役立てたい、上司に説明する際の資料が欲しいという方はぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をダウンロードしてご覧ください。

1. 飲食店における勤怠管理の課題とは

飲食店の女性店員の写真

飲食店には勤怠管理をおこなうにあたってどのような課題があるのでしょうか。それぞれの課題について詳しく確認していきましょう。

1-1. 人によって勤務時間が異なるため集計が大変

お店は朝から晩まで営業していることが多くあります。営業時間だけ考えても8時間以上の店もありますが、飲食店の場合は、開店前の準備作業や閉店後の片づけ作業も多くあるので、営業時間以外の作業時間を考慮すると10時間を超える店舗が多いです。

また、開店前から閉店後までバランスよく人を配置する必要があるため、人によって開始時間や終了時間が異なることも多いでしょう。の上、社員、パート、アルバイトなど雇用形態もいろいろあるため、8時間働く人から1日2時間程度の人など、それぞれの勤務時間も異なってきます。

毎月、誰が何時間働いたかを集計するのにかなりの工数が割かれていることが多くあります。

1-2. シフト表を作成するのに手間がかかる

社員、パート、アルバイトなど、それぞれ勤務する日、勤務する時間帯が異なるため、日ごとのシフト表を作成するのにかなり時間がかかります。

誰が休みで誰が出社できるのか、開店前に出社するのか営業中に出社するのかなど、毎日同じシフトを使うことができず、シフト表の作成にかかる都度多くの労力が必要です。

さらに、シフトを回収するまでに時間がかかることもあり、シフト表を作成するだけで一苦労です。

1-3. アルバイトによるタイムカードの不正打刻や打刻漏れ

店舗で作業を必要する時間が10時間を超えるため、責任者が常に店舗にいるとは限りません。そのため、アルバイトの出退勤状況を常に監視することは不可能になってしまいます。

出退勤にタイムカードの勤怠管理を取り入れている飲食店では、不正打刻があったりすることが問題となることが多くあります。

2. 飲食店が勤怠管理システムを導入するメリット

ひらめきマークの写真

勤怠管理に対してさまざまな課題を抱える飲食店が、勤怠管理システムを導入することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

2-1. 法改正に対応した適正な労働時間の管理ができる

タイムカードや出勤簿による勤怠管理を行っていると、各店舗から紙を回収し、集計してみるまで月の総労働時間や残業時間が把握できません。それによって、「集計してみたら残業時間の上限を超過していた」などの問題が発生する可能性があります。

勤怠管理システムによって従業員の労働時間をリアルタイムで把握することにより、労働基準法や就業規則に違反しないよう、労働時間を調整することが可能です。

また、システムであれば法改正への対応がスムーズであるため、エクセルの計算式を変えるなどの手間やそれによっておこる集計ミスを減らし、法改正に則った勤怠管理を行うことができます。

2-2. シフト作成や労働時間の集計が楽になり、コア業務に集中できる

特に、小規模な飲食店であれば勤怠管理専任の担当者がいるわけではなく、店長やオーナーが自ら勤怠管理や労働時間の集計を行っていることもあるでしょう。シフト作成や労働時間の集計に膨大な時間がかかることによって、従業員のマネジメントや経営にかける時間が減ってしまうことは、望ましくありません。

勤怠管理システムを導入して労働時間の集計にかかる工数を減らすことで、本来集中したい業務に多くの時間を費やすことが可能となります。

2-3. 不正打刻の防止し、余計な人件費を削減できる

タイムカードであれば容易におこる不正打刻も、勤怠管理システムであれば防止することが可能です。従業員の不正打刻により、本来は働いていない時間まで給与を支払うことは、たとえ毎日15分でも従業員数×365日分が積み重なれば大きな損失となります。

不正打刻を防止し正しい労働時間に対して給与を支払うことで、本来払う必要のない余計な人件費を削減することができます。

関連記事:勤怠管理システムを導入する目的とは?メリット・デメリットも確認

3. 勤怠管理システムを選ぶときのポイント

女性と男性がパソコンを見ながら話す写真

コストをかけてシステムを導入するのですから、しっかり使えて便利なものを選びたいですよね。

勤怠管理システムを選ぶ際は、導入する目的を明確にして、目的を達成する機能が備わっているか確認することが重要です。

また、店舗の勤務ルールがシステムで対応できるかチェックする必要があります。店舗の複雑なシフト勤務にきちんと対応できるか、自社にとっては当然のことですが、システムによっては対応できないということもあります。導入してからでは遅いですので事前にチェックしましょう。

また、そのシステムを勤怠管理の担当者や店舗のスタッフが使いこなせるイメージがつくかも大切なポイントです。勤怠管理システムを運用するには、最初に勤務時間や集計項目などの設定が必要になります。設定をサポートしてもらえそうか、使い始めた後に店舗スタッフが打刻しやすいか、シフト申請をしやすいかなど、自社に馴染むものかどうかをチェックしておくのがおすすめです。

加えて、勤怠管理システムの導入を検討する際は、システムの比較検討~システム導入~運用開始までの流れを確認しておくことで、システム導入に必要な準備や運用開始までの期間を把握することが可能です。当サイトでは、勤怠管理システムを導入して運用開始するまでにどのようなことが必要になるかをまとめた「勤怠管理システム導入完全ガイド」を無料で配布しているため、こちらより資料ダウンロードページをご覧ください。

4. 飲食店が勤怠管理システムを導入するときに確認しておきたい機能

飲食店従業員の写真

「システムを選ぶ際のポイントは分かったけど、実際にどのような点をチェックしておけばよいか知りたい」という方に向け、飲食店がシステムを導入する際、特にチェックしておきたい勤怠管理システムの機能をご紹介します。

4-1. シフト表作成のしやすさ

飲食店で特に発生しやすい勤怠管理業務がシフト表の作成です。よく使う機能になるからこそ、使いやすく自社に馴染むものを選びたいですよね。

勤怠管理システムでは、複雑なシフト表もいくつかのシフトパターンを作成しておくことで、いちいち時間を手入力しなくても、ワンクリックでシフトの時間登録が実現できるものもあります。

作成したシフト表は全員で共有することができるので、各自がスマートフォンやタブレット、パソコンなどでいつでも見ることができて便利です。

また、シフト提出もできるシステムを検討する場合は、シフト申請のしやすさもチェックするとよいでしょう。スマートフォンからシフトパターンを選ぶだけでシフト提出できるなど、パート・アルバイトの従業員でも簡単に扱えて申請しやすいものを選びましょう。

4-2. 複数店舗展開におけるヘルプ勤務の管理

多店舗を展開する飲食店であれば、他店舗から一時的に応援の従業員を入れる「ヘルプ」が発生することもよくあるでしょう。ヘルプがあった際、勤怠管理システムでも柔軟に対応できるかをチェックしておくと安心です。

具体的には、従業員が他店舗に行った際も手間なくきちんと打刻ができるのか、集計をおこなう際にヘルプにいった店舗分の労働時間を集計する手間が発生せず、自動で全て計算されるか、シフト変更があった際にすぐに勤務表を変更できるかなどを確認するとよいでしょう。

4-3. 打刻のしやすさや不正打刻防止機能

タイムカードで勤怠管理をしていると頻発するのが打刻漏れです。システムの方が手軽に打刻できるとはいえ、店舗に馴染むものでなくては打刻漏れの発生を減らすことはできません。

飲食店におすすめな打刻方法はタブレットやICカードによる打刻、指紋や静脈などの生体認証による打刻です。スマートフォンで打刻できるものもあるため、従業員が打刻しやすいものを選びましょう。

従業員用の出入り口にタブレットを設置しておき、出勤するタイミングで打刻してもらうなど、打刻漏れが発生しにくい工夫をしても良いでしょう。

また、生体認証機能がついている打刻機や、打刻時に顔写真を撮影する機能があれば、不正打刻を防止することもできます。打刻について抱えている課題を解決でき、従業員に馴染む打刻方法を選びましょう。

4-4. リアルタイムで実績を把握できる

勤怠管理システムでは、リアルタイムに労働時間を集計しているので、今月誰がどのくらい働いているか、残業はどのくらいしているかを常に確認することができます。

特に、パート・アルバイトが多い店舗では扶養控除内で働きたいという従業員が多いでしょう。タイムカードなど紙ベースで管理している場合、総労働時間を把握するのに時間がかかりますが、年単位や月単位で現在までの総労働時間がすぐにわかるシステムであれば、扶養控除内で働けるよう労働時間の調整が簡単になります

また、アラート機能があるシステムであれば、設定した時間を超過した場合にアラート表示させることも可能なため、扶養控除の範囲を超えそうな従業員とその管理者に通知をだして労働時間の調整を促すことができます。

ここまで飲食店における勤怠管理の課題をシステムの導入で解決することについて解説してきましたが、勤怠管理システムがどのようなものなのか一度確認したい方もいると思います。そのような方のために当サイトでは、勤怠管理システム「ジンジャー勤怠」の管理画面をご覧いただきながら、どのように勤怠管理の課題を解決していくか解説した資料を無料で配布しております。

勤怠管理システムとはどういうものなのか、実際の管理画面を見ながら確認をしたいご担当者様は、こちらより「1分でわかるジンジャー勤怠」をダウンロードしてご覧ください。

5. まとめ

女性店員の写真

飲食店向けの勤怠管理システムに関する特徴、具体的なシステムを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。確かに、勤怠管理システムの導入には費用がかかります。

しかし、飲食店ならではの複雑なシフト管理やシフト表の作成、応援業務により複数枚のタイムカードの勤務時間計算など見えない人件費が日々かかっているはずです。業務の効率化や不正防止などのメリットを考えると、勤怠管理システムの導入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事:パート・アルバイトの勤怠管理はシステムで効率化できる理由とは?

関連記事:大企業が導入すべき勤怠管理システムを選ぶ際のポイント4つ

関連記事:中小企業向け勤怠管理システム|導入前の課題、導入後の効果とは

勤怠管理システムの導入はこれだけ抑えておけば大丈夫!
「勤怠管理システム導入完全ガイド」

勤怠管理システム導入完全ガイド

働き方改革が始まり、「勤怠管理システムの導入を考えているけど、何から着手したらいいかわからない・・。とりあえず、システム比較からかな?」とお困りの勤怠管理の担当者様も多いでしょう。

そのような方のために、当サイトでは勤怠管理システムのメリットや導入までの手順をまとめたガイドブックを無料で配布しております。

これ一冊でシステム検討から導入までに必要な情報がまとまっておりますので、社内で検討する際に役立てたい、上司に説明する際の資料が欲しいという方はぜひ「勤怠管理システム導入完全ガイド」をダウンロードしてご覧ください。