年間1,000部以上の雇用契約書のペーパーレス化を実現 ー jinjer、リソルホールディングスの導入事例動画を公開 ー - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

年間1,000部以上の雇用契約書のペーパーレス化を実現 ー jinjer、リソルホールディングスの導入事例動画を公開 ー - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

年間1,000部以上の雇用契約書のペーパーレス化を実現 ー jinjer、リソルホールディングスの導入事例動画を公開 ー - ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

お知らせ

  • 2024.03.27

    年間1,000部以上の雇用契約書のペーパーレス化を実現 ー jinjer、リソルホールディングスの導入事例動画を公開 ー

  • クラウド型人事労務システム「ジンジャー」の提供をしているjinjer株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑内 孝志)は、ジンジャー導入企業であるリソルホールディングス株式会社の導入事例動画を公開しました。導入事例動画では、「ジンジャー」導入に至るまでの経緯や導入後の効果について、紹介しています。

    ▶導入事例動画
    https://www.youtube.com/watch?v=_tGEUCM7V2o

    ■「ジンジャー」導入の経緯
    リソルホールディングス株式会社は、ホテルやゴルフ場などの運営事業と再生ビジネスを核とし、グループ経営で多角的に事業を展開しています。

    「ジンジャー」導入前は、勤怠管理、入退社の手続き、人事データ管理等をグループの中で一元管理できておらず、同じグループの中でも処理方法や管理方法が異なっていたため、作業が煩雑になっていました。特に雇用契約書に関しては、年間1,000部以上の印刷・送付・確認が必要であり、その作業には大きな工数が発生していました。また、アルバイトやパートの中には、様々な年齢層の従業員がいるため、システムを導入しても使いこなせるかを懸念されていました。

    このような背景から、専任スタッフが複数人つくサポート体制と、年間1,000部以上にもなる雇用契約書のペーパーレス化、人事データ統合による人事労務業務の一元管理体制の構築を実現できる点が決め手となり、「ジンジャー」導入につながりました。

    ■「ジンジャー」導入後の効果
    「ジンジャー」導入後は、人事労務業務の効率化が進み、特に雇用契約書を電子化したことにより、印刷・送付・確認の手間を大幅に削減することができました。また、人事データを一元管理することが可能になったため、各システムにおける情報の登録作業や変更作業の削減に成功しています。

    今まで時間を使っていた事務作業や確認業務が減少したことで、人事データの活用といった、より高度な人事労務業務に取り組める体制整備を進めることができました。

    ▶導入システム
    ・「ジンジャー人事労務」
    https://hcm-jinjer.com/jinji/

    ・「ジンジャー人事労務 雇用契約オプション」
    https://hcm-jinjer.com/employmentcontract/

    ・「ジンジャー勤怠」
    https://hcm-jinjer.com/kintai/

    ・「ジンジャーワークフロー」
    https://hcm-jinjer.com/workflow/

    ▶導入事例動画
    https://www.youtube.com/watch?v=_tGEUCM7V2o

    ▶導入事例 紹介記事
    https://hcm-jinjer.com/results/101219/

    ■リソルホールディングス株式会社とは
    リソルホールディングス株式会社とは、コーポレートスローガン「あなたのオフを、もっとスマイルに。」を仕事の価値基準とし、ホテル運営事業、ゴルフ運営事業、リソルの森(CCRC)事業、福利厚生事業、再生エネルギー事業、投資再生事業の6事業を多角的に展開するリソルグループの持株会社です。
    [東京証券取引所プライム市場上場企業]