03-5908-8485 平日10:00-18:00

jinjerワークフローの機能

公開設定

申請者にとって申請は日常的な業務ではないため、慣れない申請作業はミスや面倒さの原因になります。申請の際に必要な申請フォームを一目で確認できることは申請者がスムーズに申請をおこなう上で大変重要となります。

jinjerワークフローは、個人や役職、組織などを指定して公開範囲を設定できるので、関係のない申請書類で申請者が悩んだり面倒くさいと感じてしまうといった問題を解決することができます。また、申請フォームの公開期間を設定できるため、必要な期間に必要な申請フォームを申請者に対して公開することが可能です。

お使いいただける機能

公開範囲の設定

申請フォームの公開期間や、個人、役職、組織などを指定して公開範囲を柔軟に設定することができます。公開範囲を設定できることにより、該当従業員に必要な申請フォームのみを表示させることができるので、どの書類で申請すればいいのか簡単に理解することができます。

公開範囲の設定画面

自己承認の制御

申請に対して、自己承認を許可する、警告する、禁止するかに関する運用を設定で制御することによって、企業の運用に合わせた運用を実現できます。

あらかじめ自己承認の設定をすることによって、自己承認が可能なのかどうかを迷う必要がなくなります。

自己承認の制御画面

採番方法の設定

各申請に対して採番方法を設定することができます。採番方法を既存の管理方法に合わせることで、システムでも今までと同じような管理方法で申請書を管理することができ、スムーズに運用することができます。

採番方法の設定画面

申請承認をスムーズにし、
ワークフローの課題を解決する機能を
そろえております。

まずは資料をご覧ください。

1分で簡単登録!jinjerの資料をプレゼント!