お知らせ
2019.07.18

【jinjer勤怠導入事例】|勤怠のエラーチェック工数が激減!運用成功のコツは、勤怠管理システム導入説明会!|クラークスジャパン

1825年に創立の英国を代表する靴メーカー、クラークスジャパン様。

 

jinjer勤怠を導入される以前は、出勤簿で従業員の勤怠を管理していらっしゃいました。

しかし、出勤簿での勤怠の管理では、リアルタイムで従業員の勤怠状況を確認できなかったり、エラーチェックに工数がかかったりという課題があったため、勤怠管理システムの導入を決断。

 

jinjer勤怠導入後は、従業員全体の勤怠に対する意識が高まったり、勤怠の集計工数が削減されたりしました。

また、jinjer勤怠の導入により、かねてより検討されていたフレックスタイム制度もスムーズに移行でき、働き方改革の一助にもなりました。

 

【導入前の課題】
・従業員の勤怠状況を月末になるまで確認できなかった
・勤怠のエラーチェックに工数がかかっていた

 

【導入後の効果】
・リアルタイムで従業員の正確な勤怠状況を把握できる
・エラーチェックの工数が激減し、集計ミスのプレッシャーから開放された

 

詳細はこちら
https://hcm-jinjer.com/results/results-12199/

jinjerについてご不明な点はございませんか?

jinjer製品、価格、導入方法、運用、御社での活用シミュレーション、その他何でもご不明な点が
あればお尋ねください。お待ちしております。

03-5908-8485
受付時間:平日 10:00-18:00