jinjer勤怠の機能

英語対応
英語対応

グローバル化の促進によって、外国人労働者に対応した勤怠管理が必要不可欠となってきています。
特に、小売店や工場など、たくさんの外国人労働者の管理が必要な業種においては、英語のみならず、多言語に対応している勤怠管理システムが望ましいです。

日本語がわからないことで勤怠管理にもトラブルが発生する可能性もあるため、多言語対応は勤怠業務を円滑に進めるためにも重要です。

jinjer勤怠では、英語に対応しているのはもちろん、従業員に合わせてさまざまな言語に対応しているため、従業員と管理者の間で起こるコミュニケーションエラーを最小限に抑えることができます。

機能詳細

多言語対応

jinjer勤怠は英語はもちろん、インドネシア語やタイ語、ベトナム語など五か国の言語に対応しております。

従業員が多様化する中で勤怠業務でのコミュニケーションエラーをなくし、業務工数を削減いたします。

シフトの作成

この機能を使った担当者様の声

  • 導入前の悩み

    導入前の悩み

    私たちの会社ではもともと勤怠を紙で管理をしていました。外国人の従業員が多く、打刻や申請ができない従業員が多くいました。日本語が少ししかわからない従業員もいるので、毎回、打刻修正作業や申請のまき直しなど、日本語がわからないことによってさまざまな問題が起きていました。

    jinjer勤怠導入後

    jinjer勤怠導入後はそれぞれの従業員に合った言語で申請や打刻などができるようになったため、従業員の打刻漏れや申請ミスがなくなり、承認工数が削減されました。

    (Kさん/女性/飲食業)

jinjer勤怠で利用できる機能